田亀源五郎「弟の夫」佐藤隆太&把瑠都でドラマ化
田亀 源五郎
¥ 670
コメント:すごい読みたくなってきたんだけど、買おっかな、マジで。

 どもです。

 最近すっかり枯れてます。それで、世界HIVデーの話題や、梅毒感染者が5000人を超えた日本ならではの異常事態について記事をあげようと思いながら、億劫でねえ(-。-)y-゜゜゜。あたしゃ、最近あんまりやってないんできれいな身体なんですもん。(クラミジアは怪しいorz…みなさん、ゴムはつけましょうね)

 あと、たいがいうんざりした日馬富士の暴行事件。こんなもん鈍器で暴力揮ったもんが悪いのに決まってるだろと、書くのもおぞましくぷんぷんしてました。被害者の貴ノ岩がトラウマになってないかそれがとても気がかりです。先輩力士に囲まれて鈍器で殴られ大けがをしたらその恐怖心を乗り越えるの大変だぜ。滅茶苦茶同情します。

 で、この件については相撲協会の情報戦。真偽はともかく、週刊女性に「貴乃花親方 うっとりの女装姿」なる記事が出ました。詳細は今見ましたが、どうでもいい感じ。相撲協会もメディアのコネクションを最大限使いまくって貴乃花のディス記事書かせてるようにしか見えません。女装の何がわるくて?とオカマとしては申し上げたい。女装は犯罪じゃないけど傷害は犯罪です。撹乱しないでいただきたい。

 そんなことで角界よ、頼むから潰れてくれと、思う気持ちもあったのですが、それをなだめるようなLGBT関連のニュースが席巻しましたので、知らない人は少ないと思うけど、ご紹介します。

田亀源五郎さんの漫画「弟の夫」ドラマ化、把瑠都が“亡くなった弟の結婚相手”演じる「マイクになりきれるようにガンバルトです」

2017年12月05日 18時01分 JST | 笹川かおり ライフスタイル編集長 / ハフポスト日本版 副編集長 

 田亀源五郎さんの漫画「弟の夫」がドラマ化されることが12月5日、NHKで発表された。2018年3月、NHK BSプレミアムで3回に渡って「家族の物語」が放送される。ドラマでは、主人公の折口弥一を佐藤隆太、弟の夫・マイク役を元大関の把瑠都が演じるという。  ネット上では、弟の夫を把瑠都が演じることに「衝撃的」「把瑠都さん頑張れ!」「熱すぎる!!」などの反響が寄せられている。  把瑠都はTwitterで「マイクになりきれるようにガンバルトです」と抱負をツイートした。

 結構感動しています。ついにここまで来たかと。で、ここに元角界のスター把瑠都が絡んでくるとは思わなかった。

 このへんの懐の深さはさすがNHKだと思います。少なくとも私の知る限り「同性婚」がメインテーマのキー局のドラマは日本初ではないかと。正直、もし最初にドラマ化されるなら『きのう何食べた?』(よしながふみ)が先だろうと思ってました。深夜枠で細々と、孤独のグルメの後番組かなんかで…

 

 で、『弟の夫』お恥ずかしいことに原作未読でして、著名な漫画雑誌に掲載されていながら、田亀さん原作だと気恥しく、さらにあたしゃ、ブックオフに並ぶまで漫画を買って読まない性質なので(あと、マンガ大賞系の図書館に収蔵されるようなのは借りて読んでるけど、これは現時点では無理よね)読みたいなあと思いながら読んでませんでした。

 かなり楽しみです。できればドラマ放送前に原作読みたいなあと思い始めているところ。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
マツコとヒャダイン『夜の巷を徘徊する』@20171116〜
ジョージ・マイケル
¥ 1,701
コメント:マツコデラックス 生涯ベスト5に入るアルバム

 hyadamatsukoマツコさん、入院したらしい。月曜の『5時に夢中』途中から見たから知らなかった。風邪かと思ったら何でも耳に炎症作ったらしくて静養中だそうです。お大事に。

 だからと言って紹介するわけではないのだけれど、ちょうど11月9日放送の『夜の巷を徘徊する』の恵比寿編にヒャダインさんがたまたま通りかかってそのまま出演オファー。16日回で2人でガッツリ恵比寿ガーデンプレイスのロシア娘がいるバーで語り合う放送があり、なかなか染みたので、ご紹介したいと思って、エッセンスだけでもテキスト化します。お楽しみあれ。


(小雨の中バーへ向かう2人) マツコ:松 ヒャダイン:ヒャダ

松:幸せ?

ヒャダ:幸せ…あの…曲作りまだ全然楽しいし…仕事のモチベーションがすごくあるから!

松:それすごいね!こんなもう雑居ビルの5,6本くらい持てる人が!まだ創作意欲があるってのは

ヒャダ:楽しいです。それこそ、つんく♂さんを見習ってるところが多くて、彼なんて僕のうん十倍作ってて(松:そうだよ、すごい数作ってるんだよ)まだ涸れないんです、全然作りたいって、すごい怒ってるし、すごいやっぱ歌詞で怒ってたりするじゃないですか。最近の曲でもすごい若い人に対して…

松:そうなの、あのね、そのしょっぱさがいいのよ、つんくさん、なんか、我慢できないの、メッセージを入れちゃうのよ!

何!何が好き?つんくさんの歌詞でどれが好き??

ヒャダ:えーーー。そんな難しい。作家としてすごくインスピレーション受けてるのは『ミスタームーンライト』で♪ハンバーグ作ろうっていきなり出てくるんですよ、それまで君に夢中さ!みたいなこと言ってるんですけど、♪ハンバーグ作ろうって日常的なものがドーンって入ってくると、あ、これでなんか色味が変わったー!ってとこが好きですね。

松:やっぱプロっぽいわよね、意見が。

ヒャダ:何が好きですか?

松:すごい好きなのいっぱいあるんだけど、1個って言われたら、もうやっぱりね、『ザ☆ピ〜ス』のねえ、ピザのサイズ悩むとこよ。あれをね、歌詞にしたっていうね、ピザのサイズをLにしようかMにしようか悩むってのはみんな考えることじゃん。絶対全員ほぼ日本人全員、デリバリーのピザ頼むときはLサイズにしようか、Mサイズにしようか悩むのよ…。

■『ザ☆ピ〜ス』

デリバリピザ いつも悩む LかMか ピザ 盛り上がり 長電話は 切りにくいね HAHAHAHAHA

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -
新海誠展「僕たちは不安定な時代に、不安定な気分で、文字通り揺れる足元の上で不安定に生きている」座間事件と絡めて
¥ 2,518
(2013-06-21)
コメント:私が足フェチであるということをさておいても、新海作品で今最も見たい作品です。

 お久しぶりです。衆院選以来気持ちの電池が切れたのと、多忙とで久しく放置しておりました。1人くらい心配してくださったかしら。

 

 古いゲイ関係の高齢の知人の1人が、あるとき連絡がまったく取れなくなったので心配して家まで訪ねていきました。夜に行ったら人の気配がなくマジで腐敗してるかと焦りました。不動産屋と警察に電話して腐乱死体を検分する可能性についてぐるぐる考えましたが、幸い別の日に存命を確認。電話通じず、メールなし、身寄りなし、金なしときたら、最悪の可能性を想定して行きましたが無事でよかった。引っ越しをしようと思ってるとか、そんな立ち話をしてきました。

 

 外国人の割と初心なゲイの知人。こちらは学生時代の元カレと連絡をとったら癌で命に関わるかもしれないと言われて、しかも、ほしいものはないかと聞いたら犬が欲しい、雑種じゃなくて柴犬!とか言われて日本から柴犬を輸出する方法を模索中だとか。その時は何となく話を合わせてましたが、帰ってよーく考えてみて、大病が発覚した後、外国にいる元カレに連絡して犬をねだるって、相当なオカマだな、この元カレヾ(*`Д´)ノとひとりでぷんぷんしてしまいました。死ぬなら一人で死ねよ、未練がましく前の彼氏とかに連絡するんじゃねえ、100歩譲って連絡取るとしても、せめて「死ぬ前に顔見ときたい」くらい殊勝に持ち出す案件。なんかその癌も自称じゃないの〰(-。-)y-゜゜゜とめっきり醒めてしまいました。

 

 座間の9人連続殺人事件の話題が途切れません。

 事件概要が明らかになった今需要があるかわかりませんが、AV出演(多分男女もの)や売り専営業などの過去が暴露され、連日彼を「シリアルキラーのアニヲタの狂気」として処理しようというメディアの「狂乱」、政治家による「レッテル張り」に本当にうんざりします。それぞれの人間の中に「殺したい」と「殺されたい」は同居していて、たまたまこういう形で現れたけど、こんなものアニメやツイッターのせいじゃありません。私たちは誰しも状況が許せば殺す動物なのです。

 

 そして驚いたのは、ネットには「死にたい」が溢れていること。

 被害者の大半はガス抜きで呟いた「死にたい」が期せず具現化した人ばかりでしたが、それこそ年寄り相手に安価に安楽死を提案できるなら、意外にグッドビジネスになるんじゃね?くらいに思いました。その場合やっぱり問題は「死体処理」で、部屋に残っていたのは主に頭部のみだというので、体は燃えるゴミや排水溝に流したんでしょうね。でも、やっぱりヒト1人処理するのは産廃並みに大変だという事がよくわかります。

 今回はまだ年若い被害者ばかりでしたが、もし彼がターゲットにしたのが身寄りのない老人だとしたらどうでしょう。ネットと疎遠な現在の老人世代はなかなかその「安楽死ビジネス」にたどり着かないかもしれませんが、今後は「10万で苦しまずにいけます。ご遺体処理も任せて安心!」なんて広告にふらふら死にたい年寄りが吸い寄せられる時代が来るかもしれません。スマホも持たない世代なら足取りも辿れない。独居高齢者なら気にしてくれる近親者もいない。いなくなったら行方不明でそのあと誰も探さない…。

 私、思い出しました。親とも友人とも距離をとっていた時、ああ、電話を解約したら行方不明ってなれるんだ!と思ったことを。そしてそのつなぎとめてくれる人がいない不安を今や少なからぬ日本人が抱えているのが今の時代なのではないでしょうか。

 

 今日から始まった『新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで』(六本木新国立博物館〜12/18)になぜか大したファンでもないのに行ってきました。

 その展示の『言の葉の庭』に絡んで、新海誠監督自身による『言の葉の庭 この作品について思う事』という2012年に書かれた文章が抜粋で展示されていました。以下、極力今手元にあるものをテキスト化します。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
日本最大のゲイナイトShangri-Laが今年いっぱいで閉幕!(次回は10月14日(土))

 shanglilacloseうわさには聞いてたけど、いざ文書が出回ると結構衝撃!

 前回、足を運んだら逆に異常な量の客数で、ホールからホールへの移動すら簡単にできず、人当たりして早々に帰ってきてしまったのだけれど、それは連休だったせいもあるけれど、年内で終了!という噂(?)が流れてたからかもしれない。

 15年、総動員数24万5000人。

 初めて足を運んだ時の衝撃は忘れられません。で、最盛期を見ているものとしては近年ことにワンパターン化、陳腐化を感じ、どうでもいいゴーゴーのおむつのようなパンツ姿なんか見たってしょうがないわ(-。-)y-゜゜゜と、行ったり行かなかったりだったのですが、なくなるとなるとやはり寂しい。

 動員が少ない時は赤字だったとも聞きますが、どうだったのでしょうか。インバウンドも相応の入場が見込め、ゲイ自体が増えている昨今、あれだけの箱とシステムがあったのだから、やりようによってはいくらでも黒字化できたのでは?と思ったりもします。

 

 来年からリニューアルというのは、コンセプトを変えて何か新しいことをするのか、それとも、単に運営母体が変わって同じようなことをするのか…。

 新しいこと!と言っても、規制の厳しい日本のこと、過激化は難しいのではないかと心配しています。また、世界がきな臭くなるにつれて、当局からテロ防止のために「開催の自粛」を要請(という名の命令)をされたという可能性も十分に考えられます。確かにあれだけの人が集まるパーティに万一…と考えると銃規制のされた日本といえども不安がないと言えばうそになる。(今後の警備コストを考えての縮小リニューアルの可能性も否めない)

 でも、アジア全体を見回せば今後あれだけの規模のゲイナイトをできる国は限られています。日本以上にテロの危険と隣り合わせの国、あるいは儒教的な道徳がある程度支配する国での開催はますます難しくなるでしょう。

 

 残すところ2回はまためちゃくちゃ込みそうな気がします。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
AERA『特集:LGBTの嘘』~現実のLGBTは多様化している~
評価:
¥ 2,980
コメント:能町さんとサムソン高橋の「友達婚?」インタビュー、LGBTの政治意識、子どもを持ちたいLGBT、末路、パートナーシップ法など盛りだくさん

評価:
¥ 400
コメント:セクシャリティの描き方が甘いと言う指摘もありますが不遇の天才を知らしめるのに十分に足りる内容です。主演のカンバーバッジがほとんどASの主人公を好演。

aeraTWEETmihashi 週末にエニグマを解読したことで有名な天才数学者アラン・チューリングを取り上げた映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』をCSで視聴。ベネディクト・カンバーバッチ演じる対人スキルゼロの数学者がキーラ・ナイトレイ演じる部下の助けを得て英雄的な功績を上げるのだけれど、戦後、当時罪だった「同性愛」を理由に刑罰を受け最後は自殺に追い込まれる。切ない映画でした。

 暗号解読後の戦時中にもソ連のスパイだと言うことが判明した同僚に「同性愛をばらす」と脅される場面があった。それを受けチューリングは独白する。

『秘密に関するアドバイス:秘密は持たないのが一番だ』

 2017年現在、私たちはようやく秘密にしておかなければならなかったこと(そして、それは時代や国によっては投獄されたり去勢されたり死刑になったりされたこと。同性愛者が前稿の優生保護法で断種された障害者と同じように扱われても不思議ではない)を秘密じゃなくできる時代を迎えつつある。なかなか感慨深い。

 

 三橋順子さんが AERA 2017年6月12日号の『大特集 LGBTの嘘』についてTWされてて(↑)、興味深くてコンビニに走って立ち読みしてきました。(←買えよ)

 三橋さんのTWだとタイトルは「LGBTの光と影」ですけど実際は「LGBTの嘘」でした。ご本人でてるのでゲラチェックでは光と影だったのかもしれない。三橋さんは「影」しか書いてないとつぶやかれてるし、タイトルが「嘘」なので、「あら、やだ!あたくしたち、セレブ風なイメージで世間をだまくらかしてきたけど、実は金なんて全然ないってことがばれちゃったのかしら!」と思いましたけど、嘘と言うよりは多様化する等身大のLGBTを取材したというのが正しい。

(余談ですが夏に舞浜のヒルトンベイでゲイ対象のプールイベントが開催されることをさっき知ったのですけど、えーい!そういう華々しいリア充ゲイにはあたしが呪いをかけてやるから見てらっしゃいヾ(*`Д´)ノとふつふつと思ってしまったわ…orz)

 

 特集自体は、(゜_゜)GMENのプライド特集、老後特集みたいでした。多くはあたしらはあたしらですでに知っていたこと。

 いくら渋谷区とかがパートナーシップ制度を作っても、いくら多くの人をレインボウプライドに動員しても、大多数の自治体はパートナーシップ法に興味はないし、ラブホテルの半数以上は男性同士、女性同士のカップルを拒否するし、HIVキャリアのゲイが人工透析を医療機関に申し込んだら大部分に拒絶された。そんなもんです。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
好きな男の細胞保存の勧め~IPSで1人の皮膚から精子も卵子も作製可能に~
---
¥ 1,500
コメント:古谷経衡さん激賞。会社の面接の時、血液を提出して遺伝子の優れたもの以外支配層になれない近未来ディストピア映画

 昔、熱烈に好きだったが女性シンガーソングライターの歌詞に「別れた男にねだったほくろを土に蒔いたら、すずなりあいつが成る木が欲しい」というような歌詞(JASRACがうるさいのと、歌手の特定を避ける?ため多少変えてます)があって、暗いオカマだった私は失恋のたびに(といいつつ、得恋もしてないので大した数の大きな失恋もしてない)何度も聞いて涙した?ものですが、どのオカマの引出しにも眠っているという、別れた男の毛髪、陰毛、カピカピに乾いて甘い匂いを放つ黄色いティッシュなどはございませんでしょうかw

 それが本当の意味でお宝になる時代がいよいよ目前に迫っております。

絶滅危惧種の卵子精子作製=トゲネズミ、iPSで−宮崎大
 絶滅危惧種に指定されているアマミトゲネズミの卵子と精子を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って作製したと、宮崎大などの研究チームが発表した。絶滅危惧種の生殖細胞をiPS細胞を使って作製したのは世界で初めて。本多新・同大研究員は「絶滅に備える手段の一つとして有効」と話している。論文は12日付の米科学誌サイエンス・アドバンシーズに掲載された。 (2017/05/13 時事通信)→全文

 人間の細胞から胚とかクローンとか作る技術は前からあって、へーって思う程度でしたけど、この研究のすごいのは男の私の皮膚片からも「卵子」が作れるという事なのです。

 この技術の可能性について19日のモーニングクロスで山口真由弁護士がいくつかの「未来」を予想しています。

・皮膚から作るので卵巣や精巣を失って生殖能力を持っていない男女から子供が出来る

・皮膚片から作るので女性同士、男性同士でそれぞれ卵子・精子を作製し女性の場合はそのままどちらかの体内で子供を作ることが出来る(同性カップルへの応用。男性カップルは借り腹が必要ですね)

・更に宮瀬さん(♀)が皮膚から精子を作って、自分の卵と掛け合わせて自分だけの子供を作ることが出来る。

・更に複数の男女の細胞を合成して子供を作ることもできる

んだそうです。

 法的・倫理的な問題はさておき実用化は5年ー25年後だと言われているとか。

そうなると、DNA的に優れた人を残す品種改良のようなことを人間でやるかという優生思想のような問題が起こり得るし、堀潤さんの落ちた髪の毛を拾って勝手に堀さんのDNAを持つ子供を作ることも可能になるのです\(^o^)/

 今はまだ自分の髪や皮膚の廃棄物を盗まれても法的には管理されてないけど、「自分の遺伝子をコピーされない権利」を法的に整備する必要が出来てくるのではないかという事でした。

 

 正月にお奨めした 古谷田奈月『リリース』 は(三島由紀夫賞にノミネート。受賞してほしい。センスオブジェンダー賞はとるでしょうね)遺伝子が国家によって管理され、そのためにスパーム(精液)を物理的に搾り出され盗まれる優秀な男の話でしたが、実際の科学は精子なんてものを収集しなくても遺伝子を簡単に盗むことが出来るのです。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
一ノ瀬文香が「同性離婚」出演@ワイドなショー
一ノ瀬 文香
¥ 1,404
コメント:このカップルだけではなく最近はマンガエッセイや随筆などいろいろな方が出してますね。実質もうドラマではなくなったので、いまだ本が出続けてることの方が不思議。

 金曜のjamtheworldに小林よしのりが出演。共謀罪の恐ろしさについて熱く語っています。

さすがよしりん、放送間もないですがyoutubeにも上がっていましたので作業の合間にでもお聞きください。

小林よしのり×青木 理「“共謀罪の危険なところは、もの言う市民が委縮し、民主主義が健全に成り立たなくことだ“『共謀罪法案』」2017.05.12

まさか小林よしのりをリベラルの代表みたいに扱う時代が来るとは思わなかった。実際、小林氏の弁論は真っ当で論理的で安倍や金田よりもよっぽどわかりやすい。同日の放送で渡部昭男氏を迎えて「教育無償化に憲法改正は必要か」という問題も論じています。こちらも面白いので、全編聴きたい方はRADIKOでどうぞ。

 

 ぱっと書けるネタが少ないのですが(『夫のチンポが入らない』は読了。面白かったですがブログネタにするのもねえ(゜-゜))

 また10日(水)のモーニングクロスで、昨年一橋大学の法学部生がゲイをアウティングされたことが民事訴訟になっていることについて弁護士の三輪記子さんが取り上げてましたので書きかけましたが、LGBT関連で別の話題が飛び込んできたのでご紹介。一橋大生の件はまたyoutubeにアップされたらお知らせします。記事化するかは考え中。

同性“離婚”一ノ瀬文香、理由は「結婚で甘え」…杉森茜との「復縁絶対ない」 

2017年5月13日6時0分  スポーツ報知
 LGBT(性的少数者)カップルで、14年12月に「同性婚」を発表したタレントの一ノ瀬文香(あやか、36)とダンサーの杉森茜(30)が12日、それぞれのブログで“離婚”を発表した。 
 堀潤さんも出演してる「ワイドなショー」にご本人が登場。2014年に婚姻届を都内の区役所に提出するも不受理となりながらも結婚生活を送っていたとのこと。離婚のきっかけは一ノ瀬が書いた自叙伝「ビアン婚〜私が女性と結婚式を挙げるまで〜」出版の際の不和によるものらしい。悪意的に言えば「炎上商法」「話題作り商法」にも見えるけれど、何はともあれLGBTの多くが表舞台に出ることを嫌う中、出ていただいているのだからお疲れ様でした、と言いたい。
 冒頭その経緯について一ノ瀬は、松本人志に婚姻届が受理されると思って出したのかと問われ、
「正直どうだろうかと思っていたが憲法14条で性別で差別してはいけないと書かれているので受理されないのはどうかと思って出したが結果として不受理になった。…渋谷区などのパートナーシップ証明書は法的拘束力がなく、今まで出来なかったことで出来るようになったことはない!パートナーシップ条例には(堀注:最初は病院で親族しか入れないところにパートナーが入れるとか、生命保険の受け取り人になれたり、いろいろな理想があったけど)今のところ法的拘束力がないので勧告止まりでほとんど役に立たない。」(要旨、以下「」も同じく)と述べた。
続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 11:24 | comments(4) | trackbacks(0) | -
レインボウプライド楽しかった。(&木村了子も出品@今様展・松濤)
評価:
Array
星屑スキャット
¥ 250
コメント:作者がArrayって書いてるわ。誰だw 私、星屑はメイリームーの声質の違いが面白みって思ってるのだけどどうでしょう。いつか紅白でないかしらw

 いい天気のGWです。部屋に根付いてしまった体を引きはがすようにして渋谷方面に出かけてきました。

1つは、渋谷の松濤美術館で開催中の

『今様』  ―昔と今をつなぐ(~21日まで)

と、レインボウプライドの初日 ミッツマングローブらの星屑スキャットのステージを見るためです。

 

 松涛美術館の方は町田お奨めの画家 木村了子氏が出品しているので現物を見たくて行きましたが、他の出品者もなかなか面白かったです。古来の技法を現代につなげるアーティストたちの作品40点超が展示されて、木村氏の作品も7−8点展示されておりました。

 なかでも大作『男子楽園図屏風』が生で見られて嬉しかった。(クリックすると大きい画像が見られます)

kimuraryoukorakuen01kimuraryoukorakuen02

 左は草食男子、右は肉食男子の楽園、と説明書きに記載されてましたが、こうやってみるとどちらも素敵だけどどちらも不気味なんですよね。メフィストが化けているような美しさの塊。
 単純にどの男が好みかと言えば草食チームでニンジンをかじっている向井理の様な農業男子になりますけど、こんな淡泊な男と結ばれたら一生修道女のような生活をしそうで怖い。一方で肉食組の真ん中でいたぶられてる牛(!)に感情移入してこうやって素敵な男どもにいたぶられて食べられてしまいたいと言う思いもあるけれど、リアルに美しい男は傲慢で不遜で食べる牛に愛情を持たないことを知っているのでその世界にも入り難い。どちらに進めど結局待っているのは地獄なのかしらねえと思いつつ観賞しました。
 ほかにもフグ刺しを盛って食べたらお大尽の気分が味わえる美青年九谷焼なども出品されておりました。割と入場料がリーズナブルなのでお近くの方は是非!(代々木公園からも頑張れば歩いて行けます。新宿界隈の金券屋で入場券300円くらい)
 ということで、レインボウプライド。今年はもうパレードは見に行かないことにしたので(m(_ _)m)、ライブとブースだけ愉しみに出掛けてきましたが、まず渋谷駅界隈が凄い。駅前の薬局の雨除けが虹色なのはこれに合わせたわけじゃないでしょうけど、丸井はもとより、駅前に大きなレインボウプライドのPRボックス(傍まで行かなかったので内部がどうなってるのかわからん)さらに駅前の西武の柱がレインボウなのも渋谷区の要請でしょうか。もう5月のレインボウプライドは肉フェスの向こうを張る立派な観光イベントになってるのね!と思いました。
 で本番を明日に控えて大盛況。そんなに遅い時間でもなかったのになんと今日の分のパンフレット配布終了!入手できず。(@_@)あんたたち何、目的にそんな大挙して来てんのよw
続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
三輪記子:嫌いになるのも自由なのに、好きになるのを強要するな/東京レインボウウィーク

maruisinjuku 連休どうお過ごしですか。

町田、最近、割と多忙なのですが、いざぽかっと空くとそれを埋める行動に走ったりしないのね。ほんとぼんやりしてます。たぶんぼんやり終わっちゃいそうな気がする。

 早いものでパレードの季節です。

 

東京レインボープライド レインボウウィーク

(29日-7日まで)*パレードは7日(日)午前集合!

 

 レインボウプライドについて、モーニングクロスで私の好きなゲストの講談社の瀬尾傑氏がオピニオンで取り上げてくださいましたが(たぶん金曜の五時に夢中でまたミッツが取り上げるとは思います)いろんな意味で大きなビジネスになっていて、新宿の丸井を通りかかったら日の丸ではなくwレインボウフラッグが掲出されていてびっくりしました。渋谷はなおスゴイそうな。

 

 瀬尾さんによると、伊勢丹や丸井はLGBT向けのマーチャンダイジング、マーケティングを店頭でも積極的に展開していて、実際に売り上げにつながっているとか。

 今回の目玉は、もう終わったけどオープニングパーティに中村中さんが出演、土曜に清貴氏〔昨年も出た)と星屑スキャットが出演。更に日曜には中島美嘉が出演することでしょうか。

 わざわざ来ていただいて申し訳ないけど、中島さんに興味がもてないので、個人的にはブルボンヌさんが司会をする土曜に、星屑スキャットを見に行こうかなと思っています。

 

 このまま、パレードでお会いしましょうね、という話で終わってもいいのですが、ついでに今日(5月4日)のモーニングクロスの弁護士三輪記子さんが、「文科省が教科書検定でパン屋を消して和菓子屋にした道徳教科書検定問題」を取り上げていましたのでそちらに少し言及します。

 この問題、日本のパン屋は日本の文化ではないのか?という点で広くニュースになりましたが、三輪さんの話はもう少し具体的でした。この教科書検定について三輪さんはこう述べています。

「『同社は、読み物に出てくるパン屋を和菓子屋に変更した上で、「町や国のどんなところが好きか」という問いかけなどを追加した』っていうニュースになってて、町や国がこれ、好き一択しかなくて、好きなのはどんなところ?って聞かれてるんですよ」

 これについて三輪さんは憲法22条(居住、移転、職業選択の自由&国籍離脱の自由)と19条(思想・良心の自由)をとり上げて、人類の歴史は自由の獲得の歴史であり、交通機関の発展により居住地を選べる自由を漸く獲得したのに、この道徳教科書はあたかも自分が生まれた土地や国を好きにならなければならないと言う、自由を拡大してきた人類の歴史に対する反動が含まれている!と批判しています。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
手を繋ごう~2017年のレインボウプライドは5月7日~

男性同士で手をつなぐ写真がネットに、同性愛者への連帯示す

 

(CNN) オランダで男性カップルが若者の集団に襲われて暴行される事件が起きたことに抗議して、男性同士で手をつないで歩く写真をインターネットに投稿する運動が世界中に広がっている。アムステルダムからニューヨークやロンドンに至るまで、有名人も一般人も次々に運動に加わった。(CNN)

 ヘイトクライム案件。

 このニュースの感想は、なんでLGBTの暴行事件に世界が反応して、一方で例えばシリアの虐殺やイスラムへのヘイトや、国内では在日朝鮮学校や、沖縄基地問題への差別にみんな反応しないの???という一言に尽きる。なんか「狡い感じ」がしてあまり乗れない。別にあたくし、二級市民認定していただかなくて結構です!とたんか切りたくなる。ボコられるのは承知だけれど。あたし「アライ」を名乗る人、実は嫌いなのかもしれない。

 

一方でこんなニュースもあった。

男性カップルを大阪市が里親認定 全国で初めて

投稿日: 2017年04月06日 09時15分 JST 更新: 2017年04月06日 12時25分 JST
大阪市が30代と40代の男性カップルを、養育里親に認定したことがわかった。2人は2月から、市から委託された10代の子供1人を預かっている。厚生労働省によると、同性カップルが養育里親に認定されたのは「過去に聞いたことがない」としており、全国でも初の事例とみられる。4月6日、産経ニュースなどが報じた。(The Huffington Post)
 ちょっとびっくりした。
私自身、同性愛者が子供を持つと言うことを想像しなかったから。
子供が嫌いなわけではない。寧ろ好きなのかもしれないと思うことがある。どう好きかと言うと未発達な人間として好きなのだ。だから、こういっては何だが、「母性」は強いと思う。普通に道で騒いでる子供に、「危ないよー、ひき殺すよー」くらいの声掛けをする。人がどう取るか知れないが、一応愛情である。子育ては向いてるかもしれないと思うときもある。それは基本、こどもではなく「ちいさい人」として子供を扱おうという心づもりがあるから。
 でもLGBTが養親になる。ちょっとイメージしがたかった。理由は「正しい家族」のイメージを持つ子供には圧力になるだろうと思えてしまうからだ。でも、今回の認定を考えるに、逆もあるんだよね、多分。子ども自身が「正しい家族」に嫌悪感や抑圧を感じるケース。具体的にはジェンダーが不安定な子供や、母親(父親)から虐待を受けたケースなど、男二人、或いは女二人の方が子供が安定するケースもあり得ると言う事だろう。
 このニュースを聞いて、私自身は養父になろうとは思わない。だってこの案件、親の意思より子供の意思が尊重されるべきだと思うからだ。でも、その上でLGBTの養親に需要があるなら、なれたら嬉しいなと少し思う。私たち「家系図カッター」は、ひどい言い方をすれば望まれぬ子で、私は未だ自分が親にとって「外れくじ」だという自嘲を捨てきれない。
 だから、養子や里親を望む人に言いたい。「欲」(歳取ったら面倒見てほしいとか、財産の継承先という欲)ではなく、こどもが成年を迎えるまでのお手伝いに徹してあげてほしい。見返りを求めないで子供との友情を築いてほしいと思う。そして、それは男女カップルが養子を迎えるよりも、たぶんLGBTが養子を迎えることののほうがメンタル上の利があるような気がする。最初から備わったみんな1代限り!という割と高貴な精神性と言いましょうか。そういうの皆さん、有ったりしない?
 脆い同性カップルの絆を「子供」という第三者が加わることで、強く長いものにする覚悟を持ってほしいなとも思う。
 早いもので春だなあと、ぼんやりTWのタイムラインを眺めてたら、おいおいもうパレードの季節かよ、とびっくりした。
東京レインボウプライド2017(5月6日・7日)
@代々木公園
続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/13PAGES | >>