好きな男の細胞保存の勧め~IPSで1人の皮膚から精子も卵子も作製可能に~
---
¥ 1,500
コメント:古谷経衡さん激賞。会社の面接の時、血液を提出して遺伝子の優れたもの以外支配層になれない近未来ディストピア映画

 昔、熱烈に好きだったが女性シンガーソングライターの歌詞に「別れた男にねだったほくろを土に蒔いたら、すずなりあいつが成る木が欲しい」というような歌詞(JASRACがうるさいのと、歌手の特定を避ける?ため多少変えてます)があって、暗いオカマだった私は失恋のたびに(といいつつ、得恋もしてないので大した数の大きな失恋もしてない)何度も聞いて涙した?ものですが、どのオカマの引出しにも眠っているという、別れた男の毛髪、陰毛、カピカピに乾いて甘い匂いを放つ黄色いティッシュなどはございませんでしょうかw

 それが本当の意味でお宝になる時代がいよいよ目前に迫っております。

絶滅危惧種の卵子精子作製=トゲネズミ、iPSで−宮崎大
 絶滅危惧種に指定されているアマミトゲネズミの卵子と精子を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って作製したと、宮崎大などの研究チームが発表した。絶滅危惧種の生殖細胞をiPS細胞を使って作製したのは世界で初めて。本多新・同大研究員は「絶滅に備える手段の一つとして有効」と話している。論文は12日付の米科学誌サイエンス・アドバンシーズに掲載された。 (2017/05/13 時事通信)→全文

 人間の細胞から胚とかクローンとか作る技術は前からあって、へーって思う程度でしたけど、この研究のすごいのは男の私の皮膚片からも「卵子」が作れるという事なのです。

 この技術の可能性について19日のモーニングクロスで山口真由弁護士がいくつかの「未来」を予想しています。

・皮膚から作るので卵巣や精巣を失って生殖能力を持っていない男女から子供が出来る

・皮膚片から作るので女性同士、男性同士でそれぞれ卵子・精子を作製し女性の場合はそのままどちらかの体内で子供を作ることが出来る(同性カップルへの応用。男性カップルは借り腹が必要ですね)

・更に宮瀬さん(♀)が皮膚から精子を作って、自分の卵と掛け合わせて自分だけの子供を作ることが出来る。

・更に複数の男女の細胞を合成して子供を作ることもできる

んだそうです。

 法的・倫理的な問題はさておき実用化は5年ー25年後だと言われているとか。

そうなると、DNA的に優れた人を残す品種改良のようなことを人間でやるかという優生思想のような問題が起こり得るし、堀潤さんの落ちた髪の毛を拾って勝手に堀さんのDNAを持つ子供を作ることも可能になるのです\(^o^)/

 今はまだ自分の髪や皮膚の廃棄物を盗まれても法的には管理されてないけど、「自分の遺伝子をコピーされない権利」を法的に整備する必要が出来てくるのではないかという事でした。

 

 正月にお奨めした 古谷田奈月『リリース』 は(三島由紀夫賞にノミネート。受賞してほしい。センスオブジェンダー賞はとるでしょうね)遺伝子が国家によって管理され、そのためにスパーム(精液)を物理的に搾り出され盗まれる優秀な男の話でしたが、実際の科学は精子なんてものを収集しなくても遺伝子を簡単に盗むことが出来るのです。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
一ノ瀬文香が「同性離婚」出演@ワイドなショー
一ノ瀬 文香
¥ 1,404
コメント:このカップルだけではなく最近はマンガエッセイや随筆などいろいろな方が出してますね。実質もうドラマではなくなったので、いまだ本が出続けてることの方が不思議。

 金曜のjamtheworldに小林よしのりが出演。共謀罪の恐ろしさについて熱く語っています。

さすがよしりん、放送間もないですがyoutubeにも上がっていましたので作業の合間にでもお聞きください。

小林よしのり×青木 理「“共謀罪の危険なところは、もの言う市民が委縮し、民主主義が健全に成り立たなくことだ“『共謀罪法案』」2017.05.12

まさか小林よしのりをリベラルの代表みたいに扱う時代が来るとは思わなかった。実際、小林氏の弁論は真っ当で論理的で安倍や金田よりもよっぽどわかりやすい。同日の放送で渡部昭男氏を迎えて「教育無償化に憲法改正は必要か」という問題も論じています。こちらも面白いので、全編聴きたい方はRADIKOでどうぞ。

 

 ぱっと書けるネタが少ないのですが(『夫のチンポが入らない』は読了。面白かったですがブログネタにするのもねえ(゜-゜))

 また10日(水)のモーニングクロスで、昨年一橋大学の法学部生がゲイをアウティングされたことが民事訴訟になっていることについて弁護士の三輪記子さんが取り上げてましたので書きかけましたが、LGBT関連で別の話題が飛び込んできたのでご紹介。一橋大生の件はまたyoutubeにアップされたらお知らせします。記事化するかは考え中。

同性“離婚”一ノ瀬文香、理由は「結婚で甘え」…杉森茜との「復縁絶対ない」 

2017年5月13日6時0分  スポーツ報知
 LGBT(性的少数者)カップルで、14年12月に「同性婚」を発表したタレントの一ノ瀬文香(あやか、36)とダンサーの杉森茜(30)が12日、それぞれのブログで“離婚”を発表した。 
 堀潤さんも出演してる「ワイドなショー」にご本人が登場。2014年に婚姻届を都内の区役所に提出するも不受理となりながらも結婚生活を送っていたとのこと。離婚のきっかけは一ノ瀬が書いた自叙伝「ビアン婚〜私が女性と結婚式を挙げるまで〜」出版の際の不和によるものらしい。悪意的に言えば「炎上商法」「話題作り商法」にも見えるけれど、何はともあれLGBTの多くが表舞台に出ることを嫌う中、出ていただいているのだからお疲れ様でした、と言いたい。
 冒頭その経緯について一ノ瀬は、松本人志に婚姻届が受理されると思って出したのかと問われ、
「正直どうだろうかと思っていたが憲法14条で性別で差別してはいけないと書かれているので受理されないのはどうかと思って出したが結果として不受理になった。…渋谷区などのパートナーシップ証明書は法的拘束力がなく、今まで出来なかったことで出来るようになったことはない!パートナーシップ条例には(堀注:最初は病院で親族しか入れないところにパートナーが入れるとか、生命保険の受け取り人になれたり、いろいろな理想があったけど)今のところ法的拘束力がないので勧告止まりでほとんど役に立たない。」(要旨、以下「」も同じく)と述べた。
続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 11:24 | comments(4) | trackbacks(0) | -
レインボウプライド楽しかった。(&木村了子も出品@今様展・松濤)
評価:
Array
星屑スキャット
¥ 250
コメント:作者がArrayって書いてるわ。誰だw 私、星屑はメイリームーの声質の違いが面白みって思ってるのだけどどうでしょう。いつか紅白でないかしらw

 いい天気のGWです。部屋に根付いてしまった体を引きはがすようにして渋谷方面に出かけてきました。

1つは、渋谷の松濤美術館で開催中の

『今様』  ―昔と今をつなぐ(~21日まで)

と、レインボウプライドの初日 ミッツマングローブらの星屑スキャットのステージを見るためです。

 

 松涛美術館の方は町田お奨めの画家 木村了子氏が出品しているので現物を見たくて行きましたが、他の出品者もなかなか面白かったです。古来の技法を現代につなげるアーティストたちの作品40点超が展示されて、木村氏の作品も7−8点展示されておりました。

 なかでも大作『男子楽園図屏風』が生で見られて嬉しかった。(クリックすると大きい画像が見られます)

kimuraryoukorakuen01kimuraryoukorakuen02

 左は草食男子、右は肉食男子の楽園、と説明書きに記載されてましたが、こうやってみるとどちらも素敵だけどどちらも不気味なんですよね。メフィストが化けているような美しさの塊。
 単純にどの男が好みかと言えば草食チームでニンジンをかじっている向井理の様な農業男子になりますけど、こんな淡泊な男と結ばれたら一生修道女のような生活をしそうで怖い。一方で肉食組の真ん中でいたぶられてる牛(!)に感情移入してこうやって素敵な男どもにいたぶられて食べられてしまいたいと言う思いもあるけれど、リアルに美しい男は傲慢で不遜で食べる牛に愛情を持たないことを知っているのでその世界にも入り難い。どちらに進めど結局待っているのは地獄なのかしらねえと思いつつ観賞しました。
 ほかにもフグ刺しを盛って食べたらお大尽の気分が味わえる美青年九谷焼なども出品されておりました。割と入場料がリーズナブルなのでお近くの方は是非!(代々木公園からも頑張れば歩いて行けます。新宿界隈の金券屋で入場券300円くらい)
 ということで、レインボウプライド。今年はもうパレードは見に行かないことにしたので(m(_ _)m)、ライブとブースだけ愉しみに出掛けてきましたが、まず渋谷駅界隈が凄い。駅前の薬局の雨除けが虹色なのはこれに合わせたわけじゃないでしょうけど、丸井はもとより、駅前に大きなレインボウプライドのPRボックス(傍まで行かなかったので内部がどうなってるのかわからん)さらに駅前の西武の柱がレインボウなのも渋谷区の要請でしょうか。もう5月のレインボウプライドは肉フェスの向こうを張る立派な観光イベントになってるのね!と思いました。
 で本番を明日に控えて大盛況。そんなに遅い時間でもなかったのになんと今日の分のパンフレット配布終了!入手できず。(@_@)あんたたち何、目的にそんな大挙して来てんのよw
続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
三輪記子:嫌いになるのも自由なのに、好きになるのを強要するな/東京レインボウウィーク

maruisinjuku 連休どうお過ごしですか。

町田、最近、割と多忙なのですが、いざぽかっと空くとそれを埋める行動に走ったりしないのね。ほんとぼんやりしてます。たぶんぼんやり終わっちゃいそうな気がする。

 早いものでパレードの季節です。

 

東京レインボープライド レインボウウィーク

(29日-7日まで)*パレードは7日(日)午前集合!

 

 レインボウプライドについて、モーニングクロスで私の好きなゲストの講談社の瀬尾傑氏がオピニオンで取り上げてくださいましたが(たぶん金曜の五時に夢中でまたミッツが取り上げるとは思います)いろんな意味で大きなビジネスになっていて、新宿の丸井を通りかかったら日の丸ではなくwレインボウフラッグが掲出されていてびっくりしました。渋谷はなおスゴイそうな。

 

 瀬尾さんによると、伊勢丹や丸井はLGBT向けのマーチャンダイジング、マーケティングを店頭でも積極的に展開していて、実際に売り上げにつながっているとか。

 今回の目玉は、もう終わったけどオープニングパーティに中村中さんが出演、土曜に清貴氏〔昨年も出た)と星屑スキャットが出演。更に日曜には中島美嘉が出演することでしょうか。

 わざわざ来ていただいて申し訳ないけど、中島さんに興味がもてないので、個人的にはブルボンヌさんが司会をする土曜に、星屑スキャットを見に行こうかなと思っています。

 

 このまま、パレードでお会いしましょうね、という話で終わってもいいのですが、ついでに今日(5月4日)のモーニングクロスの弁護士三輪記子さんが、「文科省が教科書検定でパン屋を消して和菓子屋にした道徳教科書検定問題」を取り上げていましたのでそちらに少し言及します。

 この問題、日本のパン屋は日本の文化ではないのか?という点で広くニュースになりましたが、三輪さんの話はもう少し具体的でした。この教科書検定について三輪さんはこう述べています。

「『同社は、読み物に出てくるパン屋を和菓子屋に変更した上で、「町や国のどんなところが好きか」という問いかけなどを追加した』っていうニュースになってて、町や国がこれ、好き一択しかなくて、好きなのはどんなところ?って聞かれてるんですよ」

 これについて三輪さんは憲法22条(居住、移転、職業選択の自由&国籍離脱の自由)と19条(思想・良心の自由)をとり上げて、人類の歴史は自由の獲得の歴史であり、交通機関の発展により居住地を選べる自由を漸く獲得したのに、この道徳教科書はあたかも自分が生まれた土地や国を好きにならなければならないと言う、自由を拡大してきた人類の歴史に対する反動が含まれている!と批判しています。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
手を繋ごう~2017年のレインボウプライドは5月7日~

男性同士で手をつなぐ写真がネットに、同性愛者への連帯示す

 

(CNN) オランダで男性カップルが若者の集団に襲われて暴行される事件が起きたことに抗議して、男性同士で手をつないで歩く写真をインターネットに投稿する運動が世界中に広がっている。アムステルダムからニューヨークやロンドンに至るまで、有名人も一般人も次々に運動に加わった。(CNN)

 ヘイトクライム案件。

 このニュースの感想は、なんでLGBTの暴行事件に世界が反応して、一方で例えばシリアの虐殺やイスラムへのヘイトや、国内では在日朝鮮学校や、沖縄基地問題への差別にみんな反応しないの???という一言に尽きる。なんか「狡い感じ」がしてあまり乗れない。別にあたくし、二級市民認定していただかなくて結構です!とたんか切りたくなる。ボコられるのは承知だけれど。あたし「アライ」を名乗る人、実は嫌いなのかもしれない。

 

一方でこんなニュースもあった。

男性カップルを大阪市が里親認定 全国で初めて

投稿日: 2017年04月06日 09時15分 JST 更新: 2017年04月06日 12時25分 JST
大阪市が30代と40代の男性カップルを、養育里親に認定したことがわかった。2人は2月から、市から委託された10代の子供1人を預かっている。厚生労働省によると、同性カップルが養育里親に認定されたのは「過去に聞いたことがない」としており、全国でも初の事例とみられる。4月6日、産経ニュースなどが報じた。(The Huffington Post)
 ちょっとびっくりした。
私自身、同性愛者が子供を持つと言うことを想像しなかったから。
子供が嫌いなわけではない。寧ろ好きなのかもしれないと思うことがある。どう好きかと言うと未発達な人間として好きなのだ。だから、こういっては何だが、「母性」は強いと思う。普通に道で騒いでる子供に、「危ないよー、ひき殺すよー」くらいの声掛けをする。人がどう取るか知れないが、一応愛情である。子育ては向いてるかもしれないと思うときもある。それは基本、こどもではなく「ちいさい人」として子供を扱おうという心づもりがあるから。
 でもLGBTが養親になる。ちょっとイメージしがたかった。理由は「正しい家族」のイメージを持つ子供には圧力になるだろうと思えてしまうからだ。でも、今回の認定を考えるに、逆もあるんだよね、多分。子ども自身が「正しい家族」に嫌悪感や抑圧を感じるケース。具体的にはジェンダーが不安定な子供や、母親(父親)から虐待を受けたケースなど、男二人、或いは女二人の方が子供が安定するケースもあり得ると言う事だろう。
 このニュースを聞いて、私自身は養父になろうとは思わない。だってこの案件、親の意思より子供の意思が尊重されるべきだと思うからだ。でも、その上でLGBTの養親に需要があるなら、なれたら嬉しいなと少し思う。私たち「家系図カッター」は、ひどい言い方をすれば望まれぬ子で、私は未だ自分が親にとって「外れくじ」だという自嘲を捨てきれない。
 だから、養子や里親を望む人に言いたい。「欲」(歳取ったら面倒見てほしいとか、財産の継承先という欲)ではなく、こどもが成年を迎えるまでのお手伝いに徹してあげてほしい。見返りを求めないで子供との友情を築いてほしいと思う。そして、それは男女カップルが養子を迎えるよりも、たぶんLGBTが養子を迎えることののほうがメンタル上の利があるような気がする。最初から備わったみんな1代限り!という割と高貴な精神性と言いましょうか。そういうの皆さん、有ったりしない?
 脆い同性カップルの絆を「子供」という第三者が加わることで、強く長いものにする覚悟を持ってほしいなとも思う。
 早いもので春だなあと、ぼんやりTWのタイムラインを眺めてたら、おいおいもうパレードの季節かよ、とびっくりした。
東京レインボウプライド2017(5月6日・7日)
@代々木公園
続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
荻上直子『彼らが本気で編むときは、』は生田斗真のちんこ供養映画

kareragahonkideamu

 JUGEMのばっきゃろ!結構書いた記事を消しちまったぜorz

で、前ふり部分全部飛ばして改めて書き直しております。哀しい。。。(T_T)

 

 えーっと、映画の日なもんだから映画見てきました。

荻上直子監督 生田斗真主演『彼らが本気で編むときは、』

 

 私は劇場で金払って見た邦画を生まれた時から全部数えることが出来ます。それくらい見ない。理由は劇場で金払ってまでの観賞に値する作品が少ないことと、どうせ1年でCS・地上波でやるでしょ?と思うから。でも、公開間もないタイミングだったので、えいやと行ってきました。1人で…orz

 興味深い映画だったので紹介したいなと思いました。ただ、上手く整理できてないのと、最近ほったらかしでもうブログの書き方なんぞ忘れてしまいましたんで、どこに着地するかわかりませんが、とにもかくにも書いてみます。

 

 あらすじを紹介します。

 小学生のトモ(柿原リンカ)のシングルマザーの母親(ミムラ)は時折、トモを置いて男と出奔します。そんなとき、トモが頼るのはミムラの弟で、トモの叔父のマキオ(桐谷健太)。マキオの勤め先の書店をトモが訪ねて当面一緒に生活することになるのですが、マキオの部屋にはマキオの恋人のリンコ(生田斗真)が同居していました。MtoFのトランスジェンダーのリンコと母親の不在をけなげな気丈さでしのいできたトモ。揺れながら3人の生活が始まります。

 トモの周辺には、多分クラスメートで男の子が好きでオカマと罵られいじめられるお金持ちの家の少年カイ、小池栄子演じるカイの強権的な母親、一方リンコを応援するリンコの母親(田中美佐子)とその恋人などが配され、物語はゆっくりと進みます。

 

 いい映画でしたが、もやもやしたものも少し。

 荻上監督自身、「性的マイノリティでない自身がそれを主人公にした映画を作ることにためらいがあった」と新聞のインタビューで述べていました。また、多分ストレートで、筋肉の多い肉体を持つ生田斗真がTGを演じることも、TG当事者から異論が出るようにも思います。だって、高校時代のリンコを演じた男の子は華奢で女の子の肉体に憧れを持つ少年でした。それがどう成長すればソフトマッチョな生田斗真になるんでしょう。本来なら見た目も声も(戸籍も)ほぼ100%女子の佐藤かよのような肉体を目指すでしょう。だってりんこは全身工事が終わったっていう設定なんですから。

 制作にジャニーズ事務所が噛んできたから!

とか、

 大手代理店(不愉快な例のブラック広告会社)が仕切り全国ロードショーを予定している人気監督の作品は観客動員を一番に考えてキャスティングされるから!

とか

いう生々しい理由は置いておいて、生田斗真であるべき理由を考えてみました。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 03:03 | comments(2) | trackbacks(0) | -
訃報)GOGOの天天さんが亡くなりました

 tentensky01昨日、このブログにもコメントをくださる方から訃報が届きました。

 故真崎航氏のパートナーとして知られていた 天天-Sky-さんが、現地時間2月21日夜、韓国・ソウルにて交通事故で亡くなられました。享年33歳。

 私自身は面識がないので、迷いましたが、御存じない方がたぶん多いと思うので、こちらに告知をしておきます。

 記事末尾に多分現在のパートナーであるらしい、多分韓国人の男性の名前がありますので、葬儀やお別れの会は多分韓国、或いは中国で行われるものと思われます。

 BADIが 2017年6月号(2017年4月発売号)で追悼ページを予定しているとのこと。

日本在住ではなかったようですので、その他、日本への情報はBADI編集部がある程度コントロールしていくのでしょうか。

 取り急ぎ。

 

 謹んでご冥福をお祈りいたします。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ゲイのセクハラ、ゲイにセクハラ〜ミッツ:生理的な違和感をどう伝えるか〜
評価:
伊勢? 賢治
¥ 1,620
コメント:まだ読み終わってないのですが、共存についての示唆に富む大変興味深い本です。自衛隊派遣とか憲法を考える時にぜひ読んでおきたい1冊。

 ほったらかしですいません。

 そういえばマツコ・デラックスが好きな司会者でさんまを抑えてついにトップに!

 ところで『夜の巷を徘徊する』録画を見てたらマツコが清掃工場探訪で、若いマツコ好みのイモ系職員をさりげに抱きしめていた。(ほとんどベアハッグ)そういうことが許容されてるってのはすごいわ。あれ、おばさんに見えるけどおっさんだからね(笑)

 そう、ホモのおっさんが性欲の対象を抱きしめている図なのよ。でも、それを大黒様に抱きしめられて幸せみたいな顔で世間が受け入れているのはもちろんマツコの人徳でもあり、キムジョンウンみたいなものでもあり、これが反転した時は怖いだろうなーと思ったりします。

 

そういえば

>人事院は今年から、省庁でのセクハラ防止に関する規則の運用通知を改め、LGBTなど性的少数者に関する偏見に基づく言動やからかいもセクハラに当たると明記した。(毎日新聞2017年2月3日

だそうです。

 最近グレーゾーンと言うほぼカムアしてた声優の三ツ矢雄二さんがカムアされました。(毎日新聞の特集ワイドでインタビュー受けてたけど、意外に好印象だとか)挙動が明らかに組合員だったから全く驚きはないのですけど、「家族が差別にあうかも」と言うことが彼にカムアを躊躇わせていたのは確かでしょう。こういう事を表に出しやすくなってきたのは良い事かと思います。

 今回の人事院勧告は、やや私たちのカムアのハードルを下げたと思いますが、もし私が上級公務員でカムアしてたら、自分がセクハラされるかより、自分がセクハラしそうで怖いのね(笑)

 

 権力を持ったオカマのセクハラは割と無分別です。それは、古くは淀川(長治)先生がタクシーでイケメンの手をずっと握って離さなかった、というのから始まって、マツコも股間を掴む、お尻を触る程度のセクハラは多分普通にしてると思います。まあ、マツコさん、自制してそっから進まないという修道女のようなモラルがあるようですが、そこを飛び越えるとトラボルタになってしまう。悩ましい話です。

 

 思えば、今までの男社会で、男はそう言う性欲を撒き散らかしてました。

 自分の突き出た腹を棚に置いて、女子社員のお尻を触り、オバハンどもを婆あだのブスだのハイミスだのおツボネだのと罵り、LGBTから草食系男子まで、自分の価値観と興味に合わない人間を罵り倒してきました。日本社会はずーーーーーーーーーーーーっとそうで、だから未だ婚姻の自由も夫婦別姓も認められない頭おかしいジジイどもが政権の中枢にいて、女系天皇も保育所の増設も、養子縁組も、離婚やシングルマザーも、すべて自分に不都合なことを全否定してきたのが日本社会でした。まあ、これもあと20年もすれば息の根は止まると思ってるんですけどね。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ミッツは死後、剥製に!~LGBTとお墓 5時に夢中@20170210~

 

2017年2月3日12時03分
同じお墓に入りたい――。パートナーを亡くしたレズビアンやゲイなど性的少数者(LGBT)のこんな思いに応えたいと、東京の僧侶らが動き出した。結婚していなくても、「○○家」という枠を超えて一緒に眠れる墓を考案し、LGBTへの理解を深める取り組みを進めている。
「LGBTとひとくくりにせず、色んな人がいることを知るのが第一歩」。1月31日、東京・銀座の雑居ビル3階で、浄土真宗・證大寺(しょうだいじ)(東京都江戸川区)の僧侶7人と職員ら計18人が講師の話に耳を傾けた。LGBTについて学ぶ同寺の研修会だ。講師は、LGBTに関する研修などを手がける会社「レティビー」の榎本悠里香代表(27)。榎本さん自身、自分と同じ女性のパートナーがいる。
 榎本さんは、同性を好きになるレズビアン、ゲイのほか、両方を好きになるバイセクシュアルなど多様な人がいること、冗談のつもりで言ったLGBTに関する言葉であっても当事者を傷つける可能性があることなどを説明。LGBTのカップルの結婚式を収めた映像を見た後、こう言った。「ただ、幸せに生きていきたいだけなんです」(朝日新聞)

 5時に夢中ネタ、1本、先週のが書きかけで止まってるんだけどね、簡単な方から。

この記事を受けてミッツ・マングローブ曰く

世代的に、まあ、これから20年30年くらいはまだお墓っていう概念は残ると思うんですけど、例えばうちなんかだと、うちの両親がこの先亡くなって、お墓に埋葬して、それで私の代が墓守をしたらもう、おわり。墓仕舞いしちゃおうと思って。その下の世代にはそれを継がす事ってちょっと難しいのかなって思います。やりたいって言ったらやってもらいますけど、そこまでそんな強制的に…(ミエ:やりたいって言って、やってくれる人いないでしょ、だって)甥っ子姪っ子とか…だから、あたしなんか最後剥製になろうかと思って。剥製!(ミエ:剥製にするってのも面倒くさいな)だから今お金溜めてんですよ。(ふかわ:展示される場所はどこら辺がいいんでしょうか)…四谷…3丁目の谷底あたりに…w」

 

 記事中ではLGBTが、「一方の親に反対されたら同じお墓に入れない」、「これで二人で入れるお墓が買える」なんて意見も紹介されてましたが、ナンセンス。まあ、子を為さない私らに営業活動をかけてくるお寺の商魂も逞しいと思いますが、私もミッツと同じくどこで墓仕舞いするのかしらと真面目に考えます。

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 01:01 | comments(1) | trackbacks(0) | -
能町みね子がサムソン高橋と契約結婚@久保ミネヒャダ~契約結婚を流行らせよう~

 今週にはなんとアメリカでトランプ大統領が誕生。

 就任前会見があまりにお粗末で株価が下落、為替が急騰で笑わせてくれました。アメリカというクズのヤクザ国家にふさわしいクズの大統領の誕生です。

 まあ、就任前からTWで企業経営に口を出す恫喝政治ですが、やってることはうちの国のクズ アベちゃんといい勝負ですね。官制相場に官制春闘。下々には一切関係のない数字のマジックで属国の売国首相がどう翻弄されるか見ものです。

 関連して今日読了した内藤正典「となりのイスラム」について書きたかったのですが、時間がかかりそうなのでまたの機会にして、先にホットな話題を!


noumachisamuson 昨日土曜深夜の久保ミネヒャダのこじらせナイト録画を見ててびっくりしました。

当ブログでも紹介した

能町さん、契約結婚しませんか~逃げるは恥だが役に立つ。~(マチダタイムス)

の続報です。

なんと能町みね子さん、ご婚約!しかも契約結婚前提!

画像、出しちゃったんで言うけど、お相手がなんと、これまたうちで複数回取り上げたサムソン高橋さん

20170114 フジテレビ系 久保ミネヒャダ こじらせナイト 能町:能、ヒャダイン:ヒャダ

 

ヒャダ:能町さんも契約結婚の話されてたと思うんですけど…(能:しました)、「RTやったー、結婚を前提としたお付き合い始めました」(↑)

久保:このお話、私、びっくりするくらい真剣に聞いてなかったんですけど、ごめんね、友達の言ってることを真に受けないの悪いなって思いながら、すごい耳半分に聞いてて…

能:わたし、まあまあ本気で話してたんですけどねー、でも、きっとみんな本気にしないだろうなと思いながら、みんなが油断しているうちにどんどん進めちゃえって思ってたんです。(久保:あ、計画的に!?)計画的に…。

ヒャダ:一時期、契約結婚したいって(能:そう、偽装結婚したいって)そうですね。偽装結婚!すっごいあれ、ネットで反響なってましたよね、わかるわかるって。

能:あ、結構言ってくれる人いましたよ。だから契約結婚のあの逃げ恥とは全然関係ないところで私はもともと思っていて、偽装結婚したいって思って。その理由は単純に一人暮らしに飽きた、寂しい、生活がひどいことになってるから、二人でいたら少し見栄があるから立て直せるみたいなところで、そういう利害関係の一致ができる男の人と過ごしたいと。

 逃げ恥なんかはね、あの、こういっちゃうと身もふたもないですけど、結果、お互い好きになっちゃうじゃないですか。絶対にそこにはいきたくないんですよ。恋愛は外で済ませたい、と思うと、私のことを絶対に好きにならない人がいいと、となると、やっぱりゲイの人がいいと、なりまして、て言うようなことを言ってるうちに、ま、一応知ってるゲイの、ライターさんが、もともとあたしすごい好きで、作品とかが。恋愛感情はないんですよ。でも、こんなことを言ったら向こうも気を悪くするかなっと半分冗談っぽく言ったんですよ、ツイッター上で。

 そしたら、向こうから「え?結婚前提ってことでいいんですよね」って言われて、私もぜひぜひ!ってなって、ツイッターに向こうが書いてくれたんですよ。結婚を前提としたお付き合い始めましたって!

続きを読む >>
カテゴリ:gay society | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/13PAGES | >>