ドラマのLGBT 女子的生活・海月姫・隣の芝生は…
坂木 司
¥ 4,670
コメント:文体がラノベっぽいけど、読みやすくて引き込まれます。お手軽で痛快。

tonarinosibahuhaaoku なんなんだ、このドラマは…(゜-゜)。

思わず再生を止めて、たまったモヤモヤを文字打ちしたくてたまらなくなった、もちろん悪い意味で。

隣の家族は青く見える(フジ系)

 まず、私、松山ケンイチが大嫌いなんです。理由は俳優として魅力がないという事はもとより、東北地方で復活した電力会社のCMに先陣を切って出演したという情報を聞いたから。なんだよ、人気ないと思ったら、金の亡者かよ。それだけでも見るはずのないドラマだったのですけど、ドラマに「普通のゲイカップル」が出る、という予告についチャンネルを合わせてしまった。

 テーマは「妊活」らしいけど、まず無理くりなのは、松山×深キョンの主演カップルのほかに、子育て世帯、子どもいらない世帯、さらにゲイカップルが4軒一体となったコーポラティブハウスを購入するという設定。

まずこんな面倒くさいとこ、購入してまで誰が住みたいんですか?????(@_@)と言いたい。

アメリカのデスパとかの見すぎ。…(-。-)y-゜゜゜

…「ご近所にゲイカップルがいるっていう設定だったら、どうしよー。そうだ、4軒一体の住まいを4世帯が購入することにしよう (゚▽゚=)ノ彡☆ギャハ」

 賭けてもいいです。小金持ったゲイは絶対こんな面倒くさい物件に手を出さない!

 それに明らかに矛盾してるのはゲイカップル演じる渉(眞島秀和)と朔(北村匠海)の消費?行動。問題のコーポラティブハウスの設計は建築士の渉本人だという事になっていますが、まず

・顧客と24時間顔を合わすような至近に好き好んで住む建築家はいない。

・カミングアウトもしてないのに、相互の家庭の状況が筒抜けになるようなリスキーな住まいを好むゲイはいない。

・彼氏(渉)が家を新築したとして、1年付き合っていたとしても承諾なく連絡せずで無理やり同居しようとするような彼氏(朔)いるのか?逆に引っ越し先の住所を教えていたのに来られたら困るってのも理解不能。最初っからにこにこ「従弟です」とか言って同居してればいいものを…。

 このゲイカップル、出会いのシーンからしてほんといらいらさせられっぱなし。思わせぶりな出会いのシーンをわざわざ入れるくらいなら(キスは舌を絡ませろ)最初っからカップルでいいじゃん。専門職なんだからカミングアウトしてていいじゃん。2丁目で男物色して出会って何の不都合がある???最終的にカムア済みのステディの方向に行くのかもしれないけど、都会に住む渉の行動様式が田舎で息をつめて生きてきた一昔前のゲイを思わせて全く理解できなかった。カムアできないならカムアできない理由がある。たいていの場合、それはまずは家族だが渉の家族は出てこない。そこを素通りしてカムアしてないのに、わざわざ不自由な環境に越したがる都会のゲイっているの?と思う。

 17日の朝日新聞の『TVの性的少数者 多様に』という記事で、このドラマのプロデューサーが「マスメディアは同性愛者をコミカルにキャラクター化することが多い。そうじゃない描き方もしたいと思った」と述べているが、ならばもっとリサーチしてほしい。今の都会のゲイと10年くらいタイムラグがある。(ちなみに脚本家は『ビューティフルサンデイ』というゲイものの舞台の佳作がある中谷まゆみ)結局、LGBTをコンテンツのエッセンスにしたがる脚本家やプロデューサーの独りよがり。ヾ(*`Д´)ノ

 

 今クール、他にもいくつかLGBTがらみのドラマがあります。

 東村アキ子の名作漫画『海月姫』が原作完結後の初ドラマ化(フジ)として期待されていましたが、瀬戸康史の女装に一瞬で、無理!となって早送り終了。

 どうやったって瀬戸君の蔵之介の女装は「トランスジェンダー」(性的越境)してない。男としてのシーンがあるから仕方ないのかもしれないけれど、一目で男とわかっては物語自体が成立しない。ほかのキャラクターの漫画的な動きも耐え難く、初回をもって私の最終回とさせていただきました。キャスティングにセンスがなさすぎる。やっぱり男が女を演じるのは無理があるのかなあと思たら、思わぬところに掘り出し物がありました。

■NHKの志尊淳主演『女子的生活』です。

続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 23:24 | comments(2) | trackbacks(0) | -
超大物芸能人がAV男優デビュー!!ふたを開けてみれば…orz
評価:
水野 スミレ
¥ 1,296
コメント:、女優1万人に対して男優70人、1か月72現場!と阿川君が言ってますけど、「恋愛感情抜きでセックスの上手い男は存在しない。」と著者の言うとおり、そうそう素人が性欲だけでなれるものではないと思います。

oomonogeinoujinAV  たぶん、グーグルニュースで流れてきたんだと思うんだけどさ、先月中旬、15周年を迎えるAVメーカー「KMP」のサイトには顔の部分に?マークが付いたシルエットが掲載され、「超大物芸能人、AVデビュー決定!!」という告知が出たと言うニュース。

 紹介記事によると某お笑い芸人や『いいとも青年隊』の元メンバーの岸田健作、高島礼子の元夫で元俳優の高知東生などの名前が浮上。

 超大物芸能人が「K」なので、ネットでは黒田勇樹、KABAちゃん(もう女優よ!)、神木龍之介(現役だからあり得ない)などの名前が挙がったが、もしかすると!とオカマの心を色めかせた名前が高知東生のほかにもう一人いた。

 それは元KATTUNの田中聖(こうき)。クビになった理由も女絡みの写真の流出で事実上表舞台から干されているので(男としても好きだけど、俳優としても好きだったので本当に残念)、ありうる話と思わずいろいろググってしまいましたが、芸能活動自体は行っている模様。

 ジャニーズの影響力が落ちて、ほとぼりが冷めたら、ヤクザ映画とかVシネあたりから地味に復活してほしいものだと思います。

元KAT-TUN田中聖の現在は?彼女は?脱退の本当の理由

田中聖公式ブログ

 で、結局誰なの?と時々メーカーリンクを確認してたのですが、誰なのか判明しました。

続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
妄想恋愛
評価:
島田 雅彦
¥ 842
コメント:ほとんどオッサンの馬鹿話ですが、時折はっとさせられるところもあって読み飽きません。

 阿蘇山噴火しました。熊本界隈の方お気を付けください。

 熊本では11月12日に復興祈念クラブイベントがあるとか。もう少し近くなったら改めて告知しますが、東京大阪からゲイが大挙押しかけて金使ってなんぼ!のイベントなので、秋のご旅行計画の案としてご検討を。

 それから、ささやかですが告知。

来週末土曜日、横浜でダイバーシティパレードがあるそうです。

横浜ダイバーシティパレード

・2016年10月15日(土)横浜港大桟橋国際客船ターミナル

受付~12時/出発14時~

 今サイト確認したら時間など多少変更はあるかもしれないので、参加予定の方は各自FB、TWなどで情報収集してください。関連イベント、アフターパーティーなどあるようです。

 

 『君の名は』が大ヒットしてますが、皆さんご覧になりましたか?私は見ておりません。先週一瞬揺らいだけど、受容年齢制限を越えてる気がして遅ればせで『シン・ゴジラ』を見てきました。うっすらとしかあらすじも知らないけど、みんな『君の名は』にキュンキュンするのかな。

 島田雅彦『筋金入りのヘタレになれ』の中に妄想について語った章がありました。

 ある雑誌企画の妄想炸裂座談会で参加者が自分が理想とする「恋に落ちるシチュエーション」を語るというもので、その中でいくつかの妄想が紹介されています。

「夕暮れの図書館でショーペンハウエルかなんかに手を伸ばしたらふと横から女性の手が伸びてきて指と指が触れて…」(山田五郎)

「寝台車に乗って一人旅 夜寝つけないでいるとそこに1人の美女が乗り込んできて…」(温水洋一)

当の島田雅彦は

「旅館で部屋を間違えて入って行ったらそこに女の人が寝ていてとか、自分が部屋つきの露天風呂に一人で入っているとそこに部屋を間違えた女性が「あら、先に入ってたの?」とかいいながら入って来る」とか語っていました。

 おまえらほんとにプロの表現者か?と思うような、どっかできいたようなはなしばっかりだなと思いました。

そういう私はどうかというと、妄想がとても下手です。特に恋愛妄想はしたことがない。

続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
時代遅れの筋肉暴力集団~ALL OUTという筋肉集団が人気らしい~

allout 

 たまたまつけたTBSの新番組『なにゆえのカリスマ』で話題の筋肉集団、「ALL OUT」なるものが出演。

 

 まあ私に言わせると不細工を筋肉で誤魔化してるオッサン集団ですよ。なんでも一部でブレイクしているらしく、番組に出ていた信者たちが性的な目ではないと言いつつ、女性ホルモンが活性化するとか、彼らは筋トレをブームにして日本の医療費を削減する野望を抱いているとか、妄想を語るのが大層気持ち悪かったのですが、ホモ目線から言わせていただきましょう。

チンコピクリともいたしません!。

なんだ、この勘違い集団は…。

 

 冒頭から見たわけじゃないんだけどね、コジルリ囲んでぐるぐる回る、なんだっけ、筋肉おしくら饅頭だか、筋肉満員電車だかいうパフォーマンスをやってたが、これは一言でいえば集団チカンですよ。こういう事態は現実問題として埼京線などで起こっている犯罪と紙一重です。これをパフォーマンスにしてしまうセンスが時代遅れ。

 この集団の何が致命的か言いましょう。

「関係性」と「主従」を見誤っている。

 興奮というのは、自分がコントロールできる状態にあるから興奮するのであって、いつ暴力の対象にされるかわからない状態で人は興奮しません。ですから、明らかに肉体的に強い男性の身体で、女性を囲んで回るのは人によっては恐怖以外何も感じない、それが苦手な女子からすれば発狂寸前状態なのです。

 

 仮によ、あんた、ガタイの大きいヤクザと相撲取りが自分の周りをぐるぐるして見なさいよ。おしっこちびりますわよ。

(同じことはあやまんジャパンにも言える。但し、彼女たちはそうはいっても女子ですから多少暴力的な事をされても男は主導権をとれると思うからあれをネタだと思えるのです)

 どうしても彼らがブレイクしたければ筋肉執事(→butlersinthebuff)を目指すべきですが、どうもメンバーが男目線と男プライドの塊のようで、御主人にお仕えするなんてホスピタリティのかけらも持ち合わせていないようで、それが私のちんこアンテナに全く引っ掛からない所以でございます。

続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
『マンオブスティール』スーパーマンは洗脳映画(ネタバレ)
¥ 1,391
コメント:これくらいの美丈夫にこそ、マジックマイクのような映画に出ていただきたい。政治的啓蒙映画は出演作品の幅を狭めますよ。

manofsteel02

 古い映画ですいません。

 エロい目で見ようかと録画してたんですが、いつまでたっても見る気にならないので、放送時間に合わせて流しててみました。気持ち悪い映画だったーw

 

 オナニーしながら?、見ようと思ったのに、エロポイントも外してるんですよねー。オカマの性欲目線なら、この格好のまま拘束されて、逆さづりにされて鞭でビシバシ打たれて欲しい。そしたら★1つくらい増やしてあげちゃうけど、闘いのシーンはドーンとぶつかったらドーンと吹っ飛び、ほとんどあられちゃんの「すっぱまん」の世界です。すっぱまんはやられっぱなしですけどね。

 良くも悪くもと言うか、まあ私に言わせれば、悪くも悪くもですが、アメリカ人の気持ちわるーい偽善と道徳が凝縮された映画だと思いました。おおまかなストーリーは皆さんご存知でしょうが、結構ネタバレしますのでご用心。

 

 で、まず、冒頭ですけど、滅亡が近いクリプトン星の科学者、ジョー(実の父・ラッセル・クロウ)が「コデックス」という猿の頭蓋骨のようなその星を司っている人工知能の中心みたいなものを奪って、生まれたばかりの自分の子供に託してクリプトン外へ放出するわけですが、なんでもそのコデックスには全クリプトン人の遺伝子データが入っているとか。ジョーは「クリプトン人の唯一の希望だ!」とかぬかしてるけど、冗談じゃないわ!と私は思います。

 

 つまり、クラークという人間は、人間であって(人間じゃないけど)人間じゃないのです。つまり、親と星を背負って外に出されたデータそのもので、そこにクラークの意思はないクラークをもっと自由に生かしてやれよ!ホモかもしんないのにw

 で、なんか最近見たキモい光景に似てるなーと思い当たったのは、ほぼほぼ「オリンピック」ですね。つまり本来は個人の領分でやっていたことに、国家と親と血の意思を仮託される。これは社会的動物である人間の悪い癖です。それを乳児期に決められちゃう。これは虐待だわさ!

 

 さらに、送り込まれる地球からしても迷惑な話ですよ。

 地球には知的生命体がいることをすでに知っていて、母親は「化け物として疎外される」と心配しますが、ジョーは「(クラークが地球の)救世主になる」とほざきます。誰にとっての救世主なんだ?この映画で敵役になるゾッドという、クーデター未遂を起した将軍は、コデックスを奪い、他の星にクリプトンを再興しようと言う野望を抱いています。ジョーは、ゾッドの再興の野望を「誰が選別するんだ」と言って否定しますが、既にその星になくてはならないものを奪い、クリプトンの他の人類を見捨て、それを自分の遺伝子の延長である息子に託した自分はその選別をしてないと言うのでしょうか?そこからもっとも想起されるのは「ノアの方舟」の物語で、東洋のオカマには全然共感できない流れです。

 しかもその星の人間としては当たり前の能力が、蛮族の地では「神」に近い武器になるとしたら、それは銃をもって新大陸を侵略したヨーロッパそのものじゃないですか

 

 そして地球にたどり着いたスーパーマン、善良な両親に育てられますが、幼少のころから自分の特殊能力に気付き葛藤します。

続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
サミットなんかよりこっちを誘致したい~成人向け娯楽の展示会「セクスポ・シドニー」開催~

sexpo2016

成人向け娯楽の展示会「セクスポ・シドニー」開催、今年20回目 Thousands attend the Sydney Sexpo in Moore Park
【5月16日 AFP】成人向けの娯楽とライフスタイルをテーマにした展示会「セクスポ・シドニー(Sexpo Sydney)」が先週、オーストラリアの最大都市シドニー(Sydney)で4日間の日程で開催された。

 20回目となる今回の展示会では、有名なポルノスターやアーティストの「プリカソ(Pricasso)」氏、ペニスの形をしたアトラクションが登場した他、多数の大人のおもちゃやデジタル時代を反映した仮想現実ポルノなどが紹介され、相変わらずの盛り上がりをみせた。(記事末に全文)

 かっこいいなあ。
 世界に配信されるからには幕張メッセクラスの会場でやってるんだろうか。うらやましくなってしまう。

 サミットでそこらじゅうに警官がいて、誰得?このイベント!??というようなうんざりな昨今で、オリンピックの時はもっとうんざりさせられるかと思うと今から気持ち悪くなる。今時G7(自慰7か爺7としか聞こえない!)をわざわざ一か所に集めて顔合わせさせるくらいならテレビ会議させた方が警備費やリスク分散が図られてはるかにいい!と先週の週刊リテラシーで言っていたが全く同感。何のための技術革新なんだろう。
 いかにも「お祭り」のような演出で伊勢志摩を観光アピールしましょうとか頭のゆるい人が言っているが、そもそも過去のサミットの開催地を3か所以上言える人いないでしょ???(つまり日本での沖縄と摩周湖と今回以外)その程度の認知度のものが観光アピールになるわけないじゃないかよ。地元は警備か監視か監禁かわからん状態で大変迷惑しているとか。そういうことをもっと報じればいい。でも、日本のメディアの多くはそれを電波に乗せる勇気もない。

 沖縄の軍属強姦殺人事件の内容がほんと酷くて、この機会に「OBAMA Go HOME!!AMERICAN ARMY GET OUT! 」とぜひアメリカ大使館に集まって みんなで 叫びたいものだと思う。そもそもデモの許可が下りないと思うが、 東京で今、平和的にやっても多分逮捕か監視がつくだろう。。オバマ個人をそこまで嫌いではないし、広島へ行くというのも英断ではあると思うが、それでもしょせんオバマクラスの「善人」でもこの程度の政治判断しかできないようにがんじがらめになっているのが今のアメリカなのだ。大統領選、バーニー・サンダースの目はさすがになさそうだし、ほんとにトランプになったらどうしましょ。あんな外道の尻を追いかけまわすのか?自民政権は????

続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
かまかません(蒲蒲線)
評価:
東山 彰良
講談社
コメント:東山さんいい男なんですよねー。九州で語学講師をしてるとか。この方を知ったBS11のすずらん本屋堂が春で終了してしまったのが大変ショックでした。

kamakamasen 放置ですいません。
いろいろやさぐれております。書きたいことも多分あったんだろうけど、忘れてしまった。
 ショックだったのは、五時に夢中でアシスタントの内藤聡子と火曜日の岡本夏生が降板したこと。東京MXがだんだん普通のテレビ局化してきて大変悲しい。MXに限らず、テレビは本当につまらなくなりましたね。テレビを見ない!という選択肢を最私たちは持つべきなのでしょう。

 そういえば本屋大賞の発表が近いなーと思いつつ、今年はノミネートの半分くらいしか読んでないのと、そんなに心揺さぶられるものがないので、決まるものに決まるでしょう。敢えて言えば直木賞をとった東山彰良『流』は面白かったのでベスト3には入るでしょう。台湾を舞台にした物語ですが、大戦後の中国の内戦で台湾に逃れた蒋介石政権下で育った青年が、大陸での祖父の蛮勇(=虐殺)を辿る物語で、その視点の二面性に惹かれました。あらゆることは一方からだけ語られてはいけない。私たちが正義だと思っているものが常に正義だとは限らない。今の日本、世界情勢に普遍的に通じる物語です。割と分厚いですが、青春小説としても秀逸ですからぜひどうぞ。(受賞する気がする。未読の『王とサーカス』、『羊と鋼の森』次第かな)

 どうでもいいけど、きまぐれに「かまかません」の話。
10年ほど前から計画があったそうですが、京急蒲田と東急蒲田を結ぶかまかま線がオリンピックを前に実現しそうです。
 名前聞いてちょっと頽れました( ̄▽ ̄;A。確かに蒲田と蒲田だからかまかま線なんだけど、かまかま線で羽田空港から新宿3丁目まで
一本で行けます…などというと、脱力感が半端ない。たぶん、かまかま線沿線のオカマも増えることでしょう。

 ほんとどうでもいい話題なんですけど、書いてみたくて書きました。あしからず(^_^;)
続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 12:32 | comments(1) | trackbacks(0) | -
SMAP忠臣蔵〜湯山玲子『男をこじらせる前に』〜
評価:
湯山 玲子
¥ 1,728
コメント:草食男子、マザコンからマツコデラックス、オタク女子まで滅茶苦茶面白いです。とりあえずこの本を2015年の町田お奨めの1冊とさせていただきます。

smapshazai 放置ですいません。怒りのエンジンか感動のきっかけかなんかないとなかなかパソコンに向かって不特定多数に文字打ちしようというモチベーションが起こらん。忙しいから!と言いながら、掃除もしないでゲームしたりポルノクリップ見たりしてます。最低ですね(゜_゜)

 橋口亮輔監督の「恋人たち」が毎日映画コンクールでも大賞受賞。これで2冠です。日本アカデミー賞も獲ってほしいけど、傾向としてアカデミー賞はロードショーの商業作品に与えられることが多いのでどうでしょうね。アメリカのアカデミー賞は主演助演女優男優賞のノミネートがすべて白人で、黒人監督スパイク・リーが非難をして、授賞式をボイコットしたというニュースがありました。しょせん体制の与える賞は常にマイノリティに厳しいものなのです。

 さて、湯山玲子『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』を読み返していて、ふと思いついたので書き始めました。SMAP騒動についてです。
  まあ、オカマですからね。SMAP、まったく興味がないのよ。ジャニーズでかろうじて興味があるのがTOKIOの長瀬君くらい(今出てるドラマが超つまんねー)で、SMAPはどの顔を見ても抜ける気がしない。すでにオッサンだしね。しかもオッサンらしくないオッサンだしね。ホモの審美眼だと全部弾かれてし まって視界にも入らない。
 そんな彼らに新年早々独立騒動がスクープされ、今日、モーニングクロスで吉田豪さんが解説してましたが、その噂の週刊文春を立ち読みしてしまいましたよ。
続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 01:39 | comments(3) | trackbacks(0) | -
大分復活してました!~早大祭中村うさぎ講演会感想@20151107~
評価:
中村 うさぎ
角川書店
コメント:ホスト狂いのあげく、原稿料と印税最大限前借した挙句、担当に説教されて、報酬ゼロ(前払い済み)で書き下ろした切ないホスト狂いエッセイ。担当が「お前は太宰治か」と言ったという逸話に爆笑。

 私が好きなもの、それは若くて逞しい男、かわいい男である。しかし、苦手なものも、それは男女問わず「若者」の集団であったりする。だから、中村うさぎ講演会の情報を得て申し込んだことをあとで少し後悔した。なぜならそれは、えりもえって日本最大の総合大学 早稲田大学で催される日本最大規模の人混みをかき分けていかねばならない種類のものだったからである。

 よーく考えたら学園祭ってほとんど積極的に参加した記憶がないんだよね。
 もとより集団行動が苦手なオカマのことゆえ、さらに大学の体育会で羽交い絞めでしゃぶられてゲイデビューしたとか、そういう華やかな?過去をもたないアタシゆえ、学園祭とか体育祭とかそういうひとつの目標に向かって皆で突き進む系イベントがどうにも好きになれない。今だから言うよ!気持ち悪い!!!気持ち悪いって言いたいけど言えなかった学生時代の自分って切ねえなあ。
 講演会でうさぎさんが、幼稚園で親指姫をやるとき当然あたしが親指姫をやるつもりだったが、花の役をやらされて、写真で一人ぶすったれていたという話をしたが、ひねくれモノの私にとって学園祭も体育祭も一部の「英雄」や「お姫様」を下々に強制的に盛り立てさせる囚人イベントじゃないかと思ってしまうのである。…歪みすぎ?盛り立てたい王子様でもいたらまた違ったんだろうけどね。
 だから、いわゆるリア充風の今時の若者の集団が怖い。囲まれてボコられそうで怖い。(ただし、はぐれた獣には容赦しないわよ…キラッ(@_@))もっとも、昨今それはどうやら若者同士でも圧力がかかるものらしく、うわさに聞く便所飯やランチメイト症候群は同調圧力の極みである。よかった、今の時代の学生じゃなくって。そうじゃなかったら今頃便所で弁当食ってるわ。orz

 そんなかんなで出掛けた初「早大祭」はめちゃめちゃ混んでいた。
 縁がないのであの敷地に入ったことは数えるほどしかないが、せっかく入ったのだから、連れはあちこち見ようと言う。でも、屋台もの一つ買うにも並ばなきゃいけないのに早々にうんざりしてた。個々の学生を見ればかわいい子はいるんだよ。彼らが「濡れた子犬の目」で(実際はもっと傲慢)イベントの案内のチラシを持った手で遮るたび、一瞬見惚れてしまう。まるで別の生き物みたい。そして彼らが日本語を話してるのもすごく不思議なくらいの疎外感!
 メイド風に女装した男子もいたから多分探せば女装メイド喫茶だの、オカマバーだのあった可能性はあるがあまりにイベントが多くて、それを楽しむなんて無理!ゲイ的な興味のプロレス研は日曜で、今日のボディビル部のミスター早稲田のイベントは行きたかったが見事に中村うさぎと時間がかぶって断念。でも、いいおっさん2人がミスター早稲田の最前列で凝視してたら、地下アイドルの水着撮影会だわな。結局、開始の3時にはなぜか学生より中高年の姿が目だつ広告研究会の中村うさぎ講演会の大教室の座席に座っていた。
 
 3時。介助されつつ杖を突いた中村うさぎ57歳登場。(いま思えばあれはご主人だったような気も)
続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 02:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
メンズ温泉をディスる
MENZUONSEN2 あまりのメンズ温泉の期待外れっぷりに思いっきりディスってやる!
先週の録画を見返しているのだが、3人旅で(名前もよく分かんないんだけど、 今調べたら「クラさん(倉貫匡弘)、タカ(加藤貴宏)、モリショー(大森翔太)が石和に旬のフルーツを堪能する旅」だそうだ)唯一、小学生として私に認知されているモリショーがタカとする会話が以下。
(クラさんは一人2度目の温泉に入りにいってる)

 (2人浴衣で寝転びながら)
タカ:モリショーってさあ、どういう女の人がタイプなの?
モリ:いやーあれですね、自分が好きになった女の子が自分の好きなタイプです。
タカ:ちょっと、それめっちゃずるいじゃん。
モリ:ちなみに…タカさんのその好きな女性のタイプってのはどういう感じなんですか?
タカ:俺?興味ないでしょ?
モリ:いや、興味ありますよ。
タカ:興味あんの?家庭的な人
モリ:ちょっとそれも憧れますよね。なんかね。家に帰って真っ暗なところで今日も帰っても一人だ、みたいなのやですもんね。それなら、自分の好きな人が、おかえり、料理作って待ってたよ…みたいな。
タカ:俺ほんとにさ、ごはん食べることってさ、生きてることでかなり好きな行為なの
モリ:嫌いな人っていないですよ、普通(笑)

 何、これ?1970年代のマンガ?半端ない時代錯誤感。今時こんなこと言われて嬉しい女がいると思ってんのか?ヾ(*`Д´)ノ
収入も安定しない役者稼業が、何、専業主婦の贅沢品をもてると思ってんだよヾ(*`Д´)ノそれとも何か!?仕事もバリバリやって、家事も介護も育児もセックスも全部やるような万能機械が欲しいってか?ヾ(*`Д´)ノ
 これ、脚本なら脚本で、本音なら本音で目も当てられない。
 しかもさー、イケメンが言うならたぶん少々腹立つことでも許容できるんだと思う。武尊君以外、若い以外お前ら何のとりえもないやんか?そんなフツーの男の太もも長回しスローで映されても3年くらい禁欲しないと勃起しないっての。
 
続きを読む >>
カテゴリ:himahima | 21:48 | comments(1) | trackbacks(0) | -
| 1/9PAGES | >>