<< 「改正会社法」で日本が海外投資家に売り飛ばされる/室伏謙一 | main | 伏見憲明『新宿二丁目』生成の秘密/machida_syujiが選ぶ3冊2019(2) >>
京都市長選で 現職市長がヘイト広告!/京都市長選は新人福山和人氏に一票を

kyotosichousenHate 2月2日投票日の京都市長選で、自公・立・国・社が推薦したかどかわ大作氏のヘイト・フェイク広告が物議を醸している。令和のレッド・パージか?と思うような反共コピーは言うまでもないが、悪質なのはこの全面広告、一見すると全部同じ広告に見えるように構成されているが、実は門川氏の確認団体である「未来の京都を作る会」と、公共広告機構(AC)と、かどかわ氏、3つの合同出校になっていて、読者が、あたかも、千住博や夏木マリ、榎木孝明らがこの候補を応援しているように誤解させることを意図して構成されている。

 (こういう悪質な広告を潤沢な資金を出して企画できるのは、官房機密費を使った電通と官邸以外に考えられないだろう。)

 

 精神科医の香山リカ氏が確認をとったところ、千住博氏はこの件について、「これは門川大作氏の事務所が全く私の了解を得ずに勝手に掲載したもので、断じて私の本意ではなく、大変遺憾に思います。」という公式発表を出した。

senjuhirosi

 ほかにも、LGBTにも人気のある夏木マリ氏も、この広告が掲載された後、自身のFBなどに以前にアップした門川候補と写った投稿をすべて削除したというから、ほとんどの「推薦者」の了解を取らずに掲載された可能性が高い。

 

 立民や社民党の内部からも、府連が推薦しているとはいえ、どういう経緯でこの広告に、立民や社民の名前が合同掲載されたかについて批判が上がっているが、れいわ新選組を警戒する枝野の動きは鈍い。これが耳たぶ枝野の本性なのかと、考えざるを得ないし、結局立民も、国民も自民の手のひらで分断されて、結果として自民の補完勢力になって、国民を害しているのである。

 

 さらに、この広告はフェイクニュースでもある。

 現職のかどかわ氏の対抗馬は弁護士の福山和人候補(58)=共産党、れいわ新選組推薦=と前京都市議の村山祥栄候補であるが、福山氏は共産党の推薦を受けただけで、共産党員でも、共産党が擁立した候補でもない。それを「共産党恐怖」に結び付けようという趣旨が、もはやファシズムを想起させる。

 これは、そのまま、「女の市長はNO」、「オカマの市長はNO」、「障害者の市長はNO」と読み替えられないだろうか?

 fukuyama_yamamoto 12年前の京都市長選で、やはり、自公民相乗り現推薦で楽勝だと言われていた門川氏と、共産・新世界の推す弁護士中村和雄氏がみつどもえで対決し、中村氏は951票差まで門川氏に詰め寄った。今回の選挙はその時の再来だと言われている。

 

 京都は昔から、共産党や社会党が強い。前回の衆院選でも、立民の増原裕子さん(勝間和代さんのパートナー)を下して、共産党の倉林明子さんが2位で当選している。

 しかも、今回は前回の衆院選で3万票近くを獲得したれいわ新選組がのっかっている。勝機は十分なのだ。

 

 私は京都市民ではないので、投票権をもちろん持っていないが、れいわ新選組の山本太郎氏が、福山和人氏を応援する動画を見て、福山氏の公式HPをのぞいてみた。

福山和人オフィシャル

 山本太郎によると、福山和人氏が掲げている政策は、れいわ新選組の掲げている政策ととても似ている。

「返さなくていい奨学金・みんなで食べる温かい中学校給食、子どもの医療費中学校卒業まで無料、敬老乗車証を守れ等々」

観光と開発一辺倒で、観光公害に悩む京都市民に寄り添った内容になっている。

 山本太郎は、京都から本当に市民に寄り添う政治を始めましょうと語っている。

 

 それに、私が一番腹を立てているのは立民と社民で(国民は最初から幻滅してるので除外。)、門川のような嘘つき政治家に、どういう経緯で相乗り推薦を出し、こんな騒動になっても正式なコメントを一切出さずに応援を続けているのは呆れるしかない。お前ら自民の利権政治家とどういう違いがあるんだ!ヾ(*`Д´)ノ

 

 でも、ピンチはチャンス。

 今回れいわの推薦候補、福山和人氏が当選すれば、内輪の権力争いに終始している立民・国民の目が覚めて、野党共闘の枠組みがれいわ新選組の掲げる「消費税5%、最低時給1500円」を旗印にした本当の意味での野党共闘へと大きく変わる可能性があるのだ。「れいわを敵に回したら怖い!」それを証明する絶好の機会なのである。

 

 この選挙は国政をも変える重要な選挙になる可能性があります。

 京都市民の方、並びに、京都市民にお友達親戚のいらっしゃる方、お願いですから、この、腐敗したかどかわ陣営の陰謀を広く拡散し、それぞれの世代に寄り添った政策を掲げる福山和人候補に一票を投じるように、ぜひとも働きかけをお願いいたします。

 

 

【京都市長選挙】れいわ、野党共闘の枠組み変える可能性

【京都市長選挙】自公・立憲相乗りの現職候補に黄信号 山本太郎を都知事候補に祭りあげるご都合主義(田中龍作)

 

追記)GAFAの非道について、まとめる前に、「時給1500円は実現可能」という記事を書こうと思っています。

でも、政治記事は、元ネタに当たらないといけないので筆が遅くてすいません。

近いうちに。

 

見識のない時代錯誤の現市長陣営の新聞広告(26日朝刊)について(福山和人・つなぐ京都2020公式)

 2020年1月26日、門川大作氏の確認団体である「未来の京都をつくる会」は、京都新聞・朝日新聞・読売新聞紙上に、「大切な京都に共産党の市長は『NO』」という見出しでの広告を行いました。内容は、「共産党による独善的な市政に陥らせてはいけません」「国や府との連携なしには京都の発展は望めない」というだけです。

 中身なしに一方的にレッテルを張り、居丈高に市民を恫喝するこうしたやり方は見識を疑います。まさに時代錯誤で選挙を汚すものと言わざるを得ません。

 すでに、ネット上では、「政策抜きの反共スローガンを大書。あまりにも有権者を愚弄したものではないか」「時代は変わったのです。それに気づかないあわれな人たちによる愚かな新聞広告に、市民はもうだまされません」など、様々な批判が発信されています。

 「つなぐ京都2020」は、政党や団体に属さない市民と日本共産党、れいわ新選組、新社会党、緑の党グリーンズジャパン、生活フォーラム関西をはじめとする政党・団体など幅広い方々が福山和人市政の誕生に向けて活動しています。「未来の京都をつくる会」の広告は、京都市長選挙で政策をまじめに語り合う市民や団体・政党を愚弄するものです。

 さらに、京都市長選挙に寄せられている切実な市民の願い―返さなくていい奨学金・みんなで食べる温かい中学校給食、子どもの医療費中学校卒業まで無料、敬老乗車証を守れ等々―を問答無用に抑え込むものです。

 つなぐ京都2020は、最後まで、市民要求の実現と幅広い共同を追求する選挙戦をすすめ、福山和人市長の実現をめざします。合わせて、福山和人さんの政策や考えを隅々まで市民に届けるために、緊急の新聞広告・ビラ作成を行います。金の力に頼んだ卑劣な攻撃に対抗するためにも、みなさんの温かい募金、選挙ボランティアへのご協力をこころからお願いいたします。大切な京都、誰ひとり排除しない市長に「YES」!

2020年1月26日
つなぐ京都2020

 

カテゴリ:social | 14:29 | comments(1) | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 14:29 | - | - | -
コメント
広告に許可なく名前を利用された著名人からも動きがあったようで、門川大作氏の応援人の一覧が2020年1月28日夜現在消えてしまっているようです。
https://twitter.com/rkayama/status/1222056081066614784

 門川氏が謝罪広告を出すとすれば来週以降だと思うので、とりあえずこの事実で、何が正義で何が正義でないかを察してください。
京都市民、期待しております!
| machida_syuji(管理人) | 2020/01/28 8:57 PM |
コメントする