<< 東山君、NHK、週刊新潮、週刊ポスト〜ゲイとメディアとお知らせと〜 | main | 神の棄てた裸体〜イスラムの性とミャンマー支援のお願い〜 >>
トニー・レオンの滴る色気〜ラスト コーション(色・戒)〜
tonyleon03 ガソリンがあっけなく上がってしまった。代替の交通機関が発達してる都市部に住む身からすればガソリンはもっと高くてもいい。(一方、移動手段が限られる地方は税率を下げるべきだ。)ただし、それは今後増え続けるであろうCO2削減と地球温暖化対策のための原資にすべきであって、道路作って、地方の自民党と癒着した建設会社をばら撒き救済するべきではない。また、ただ減税するだけなら「高速道路無料化!」とか馬鹿なことを言ってるドライバーを無駄に優遇するだけなので御免蒙る。そもそも最近の日本は、課税による所得の再配分が滅茶苦茶だと思う。

 思うのだが、「受益者負担」という目線で、
?癌や心臓病の原因になるタバコや酒はその将来かかるであろう国庫の医療費を上乗せして「健康税」(私、酒乱なのに!)、
?HIVや性病の原因になるというなら風俗や発展場やラブホテルに「セックス税」(こいつぁ困る!orz)、
?中国など環境対策が為されぬままモノを安く輸出してくる国に対しては将来かかるであろう大気汚染やゴミ問題の解決負担を含めた「環境税」(冗談みたいだけど、フードマイレージという意味からも決して不当ではないと思う)
 をかけたらどうかと思う。課税が消費の抑制に働かなければ本来の課税の意味がないのではないか。そもそもガソリンに税金かけて道路作るってのは京都議定書の時代に逆行してる。バカとしか言いようがない。
 そのくせ、無駄遣いと横領で足りなくなるたびに、ほら、ガソリン税だ、ほら、消費税だと一律負担を求められる国民はたまったもんではない。ガソリンは高くてもいいから食料品を値下げしろぃ!それが政治の順番というものだ。

 ということで前置きが長くなりましたが、映画の日だったので公開終了間近の「ラスト,コーション(色/戒)」(アン・リー監督)を見てきました。

 R18でそのセックスシーンのあまりの激しさに中国での公開ができなかったとかなんとか言われたいわく付きの作品で、ブロークバックマウンテンのアンリー監督ですから「ダメージ」張りの最初から最後までやりっ放し(*´Д`)=зの映画を期待してたのに前半1時間セックスシーンはなし\(`ε´)ノ
 それでも
さすがヴェネツイア映画祭グランプリ、スリリングなストーリー展開と巧みな構成、俳優陣の熱演、更に日中戦争下の上海の町並みが素晴らしい。上海は今でもそこここにアールデコ調の建物を残す、趣のある町なのですが、往時を偲ぶ情緒あるセット(?)に、ああ、こういう人も車も少ない優雅な時代に暮らしたかったわとも少し。(実際に生まれついたら下っ端軍人だったり、苦力(クーリー)だったりして報われないんでしょうけどw)
 日中戦争時、日本の傀儡の汪精衛指揮下の上海でその右腕と称される人物(トニー・レオン)を暗殺すべく、愛国心に燃えた中国青年たちが(これが今のオリンピック聖火の中国人デモの青臭さを想起させて実に胸糞悪かった)身分を偽って仲間の女性を彼に近づける。いわゆる「ピンクトラップ」で本気になってしまった男女の物語である。
 主演女優のタン・ウエイの脱ぎっぷりがすごかった。乳首デカッ!みたいな(ー_ーゞ
 で、トニーとのセックスシーンも、そりゃ差し止めになるわなあというくらい遠慮のないもので、ぼかしが入ってたがアングル的には抜き差しするペニスが見えたのではないかと思える、ほとんど「アナザーバージョン」かよ、これは!みたいな濃厚なものでした。香港台湾でも無修正で上映されたという未確認情報がありますが、ぜひ見てみたい!ストーリーの流れから見て、地上波で放送されても最初の暴力的なセックスシーン以外はカットされるのではないかと思うので、見たい方はぜひ、劇場かDVDで見ていただきたい。
 トニー・レオンは「恋する惑星」あたりから、かっこいいなあ!って思ってたんですけどね。レスリー・チェンとのっけからセックスシーンを演じる『ブエノスアイレス』で注目度急上昇!!!ディカプリオがリメイクで主役を演じた『インファナルアフェア』でもう悩殺です。めちゃかっこいいぃぃぃ!!変に色っぽいんだよな、この人。ストイックに見せて、昼は堅物、夜は野獣!みたいな。見つめられたらドキドキする。
 日本の俳優で言うと、インファナルアフェアのころは西島秀俊の趣きでしたが、本作では中年のエロさが加わって、役所広司っぽいなあーって思いました。
 映画としての完成度も非常に高い作品ですので、ぜひ機会を見てご覧ください。必死で探した本作と、ブエノスアイレスの脱ぎ画像をおまけでつけておきます。

 追記)中国人ゲイにもっとも人気のある俳優 王力宏が愛国青年の役で出てますが、役柄とはいえその青臭い無責任なウザさにげんなり。お前が不幸の元凶だろっ!と心の中で叫んでしまったわ!

ラストコーション公式サイト
トニーレオン(梁朝偉):http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=39001&ct=


ラスト、コーション スペシャルコレクターズエディション
ラスト、コーション スペシャルコレクターズエディション
ブエノスアイレス 摂氏零度
ブエノスアイレス 摂氏零度
インファナル・アフェア
インファナル・アフェア
ちなみにこのシリーズの2作目に噂のエディソン君が出演してます。
ダメージ
ダメージ

カテゴリ:art | 04:48 | comments(3) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 04:48 | - | - | -
コメント
『ラストタンゴインパリ』か『愛のコリーダ』張りに激しいのか知らん。あんまり激しい性表現で大概新人女優でどっかきえちゃうんだよな。トニー・レオン、『ブエノスアイレス』結構リアルだったし、凄くよかった。レスリーも懐かしいな。かれの家族は文革の被害にあったんだっけ。ジョアンチェンも中国で発禁うけてるんだっけかしらん。性表現の激しと政治問題(日本に関して)から発禁受けるなんて残念ね。DVDでたらこっそり家でみよう、と。
| ユズ | 2008/05/13 5:47 AM |
というか、男同士でこういうのみたいなぁー。『ブエノスアイレス』も凄かったけど。
| ユズ | 2008/05/13 5:58 AM |
>『ブエノスアイレス』
なんてもんじゃないですよ。「抜き差し」が見える感じw
 男の濡れ場シーンでは、ブエノスアイレスの発展系がブロークバックマウンテンではないかと。
DVD出てないですけど、以前プレビュー書いた「プロテウス」なんかはそれに近い性描写があります。
http://machidasyuji.jugem.cc/?eid=134
今年も7月、G&L映画祭があるので乞うご期待。
| machida_syuji(管理人) | 2008/05/14 4:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://machidatimes.jugem.jp/trackback/181
トラックバック