<< 絶望以下の社会で〜秋葉原通り魔事件と派遣法〜 | main | 映画『DIVE!!ダイブ』〜私が美しかったころ〜 >>
デブの逆襲〜総体重570Kgのデブバンドデビュー〜+L&G映画祭告知
koukai 記事が飛んでてすんません。老後の話の3を予告したもので腰を据えて書かなきゃいけないと思うと虚弱な私には筆が重くて^^;そいで忙しいような振りをしてサボってましたが、期日が迫ったイベントがあるので告知がてらで軽め(?字義的には重めな)の記事をUPしときます。

第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭
7/11(金)〜21(月)@新宿バルト9とスパイラルホール

 主演韓流俳優の舞台挨拶があり発売90分で前売りが売り切れた先行上映の『後悔なんてしない』、イスラムの厳しい戒律の下葛藤する同性愛者の姿を追った『愛のジハード』、真夏の夜の夢をモチーフに憧れのイケメンをゲイにするために媚薬を盛る『シェイクスピアと僕の夢』など、フリーパスを買いたくなるほど魅力ある作品が集結。年に1度のお祭りですので是非足を運んでください。
 なお、例年通り事務局のご厚意でパンフレットを頂戴してきましたので、即決オークションでお買い物いただいた方にパンフレット差し上げてます。ご購入がなくても差し上げますので遠方でどうしても欲しい方はご相談ください。HPでは7月から夏の送料無料キャンペーンも予定してますのでご覧ください(さりげに営業w)。映画祭、町田も見に行きますのですれ違いましょう。

debu- さて、29日(肉)ではなく、本日25日、歌って踊れるデブユニットがデビュー。メンバーの総体重570Kgというその名も超大型バンド・デブパレード
 第一印象。美しくない(゜-゜)
でも、好きな人は好きなんだろうね。デブ専にもいろいろあるんだけど、「三桁」というポイントを譲れない人は多い。人間はおっぱいの大きさとか、チンコの長さとか、そういう数字で欲情できる不思議な生き物で、聞けば99kgと100kgは違うらしい。デブパレードも100kgを切るとサポートメンバーに格下げになるという「プロ意識」の素晴らしさ。
 これは近年の「メタボ狩り」に対するデブからの逆襲だと見たね。
 4月から「特定健康診査・特定保健指導」が始まり、メタボ=生活習慣病の根源として、官民上げてのデブ退治が始まった。で、はっきり言ってあたくしデブ専ではございませんので、デブ専の方には申し訳ないけど(でも、敬意を払ってこの記事「イケメンセレクト」のカテなのよ)、夏は暑っ苦しいなあと思っております。でも、これ、そこまで国を挙げて強制的にやるようなことかい?

 そりゃ体に悪いのはわかるけど、煙草喫みが体に悪いこと承知で(更に人によっては周囲の迷惑顧みず)煙草を吸うように、ガブガブ食って、酒飲んで、脂肪を貯めて胃腸や肝臓を悪くするのは個人の裁量じゃないのか?少なくともデブは煙草のみより周囲に迷惑かけんだろうと思う。食糧不足を助長するとか言われたらそうかもしれないし、アメリカみたいに外出もできないほど太り腐った200キロ級のデブは病んでると思うけど、その体型を維持できる「余裕」があるなら、それは本人の「自由」だ。
 作られたデブバンド、デブパレードは実際のところ、芋洗坂係長ほどにも美しくはないのだけど、自信を持ったデブが自信を持ち続けさせてやる程度の余裕を社会にこそ持って欲しいと思うのさ。
「デブ イズ ビューティフル!」
デブパレードは、ほんとにささやかなデブ側からの反論なのだと思う。こんなことにまで国の「検閲」が入ることにびっくりでげっそりで、俺たち、このままじゃ痩せちまうぜ!っていう…

 そもそも、デブ・煙草・RUSH・麻薬のどれが体に悪いかといわれたら、麻薬の次は煙草だろうと、私なんかは思うわけです。
 話題の煙草1箱1000円論議も、私は社会にかける負担の先払いという意味では、「あり」だと思ってますけど、それとて国家が国民に「毒」を売って金儲けしてきたわけだから、アメリカでたまにヤニ中毒になって肺ガンになった国民が国を訴えるというのも、よく考えたら道理なんですよね。でも煙草はいまだ禁止にならない。
 煙草は認めるがデブは認めんというのは、かけやすいところに統制をかけようという意図がみえみえで、なんかいやらしい話だと思います。健康志向はよいことだけど、ペナルティつけて、望まぬ人にまでやらせることじゃないですよね。

 本人が美しいと思うなら200キロデブだって別にいいんじゃないの?
 デブパレードメンバーで元自衛隊員の146キロ、ドラムスのTAHさんなんてのはいけるホモも多いでしょ?健康的には最悪らしいですけど、もてる努力はダイエットに代表されるように不健康なものなのだから。
 私は煙草喫みでもメタボでもデブ専でもないけれど、風向きは時にえげつない変わり方をするものですね。くわばら、くわばら。
 
東京国際レズビアン&ゲイ映画祭公式HP:http://tokyo-lgff.org/2008/index.html
デブパレード公式サイト;http://www.devparade.com/
BODY&SOUL/cosmic mind
BODY&SOUL/cosmic mind
デブパレード,伊秩弘将,判治大介,COYASS,ダンス☆マン,ugazin,鎌田雅人

デブパレード、デビュー記者会見
2008-06-10
メンバーの総体重570Kgという超大型バンド・デブパレードが、9日17時、都内で<デブー記者会見&お披露目ライヴ>を行なった。お披露目ライヴに集まったのは、デブ好きの女性100名。

17時ちょうど、レッドカーペットをメンバーひとりひとりが正装して入場、記者会見は開始。名前と体重を読み上げられて入場する彼らの姿は、堂々としたもの。舞台上に設置された机に、こじんまりとおさまったあとは、司会者からの代表質問。

「好きなものは?」の答えには、もちろん「肉」そして「牛」。太っていることについては「モテモテです」「女性の7割はデブ好きですから!」という自信満々の答え。

お披露目ライヴでは、デブーシングルに収められる「ME☆TA☆BO〜俺たちミートボール〜」で、女性ファンに手をクロスさせ「メタボ」の「メ」をさせ大フィーバー!「〜してもいいかな?」の返事は、「いいとも〜」ならぬ「ミートーボー」というかけ声を答えさせて決めまくり。

最後は、25日発売のSPEEDの曲をカバーしたデブーシングル「Body&Soul」を歌い、100Kgを超える巨体とは思えぬ機敏な動きで、会場は真夏のような暑さで盛り上がった。

ちなみに、「Body&Soul」をデブー曲に選んだ理由は、body=ボディ Soulはソウル、ソウルといえば韓国、韓国といえば焼肉。「ボディと焼肉で決まり!」とのこと。

また、メンバーは、体重が100Kg以下になると、サポートメンバーに格下げされるらしく、彼らが体重をキープするのはプロの証なのだ。
カテゴリ:ikemenselect | 03:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 03:11 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック