<< 大きな国、小さな国〜比べてみよう、世界のチンコ〜 | main | 遺伝子や財産を遺したいか〜放射能に思うこと〜 >>
酒は不謹慎か〜被災地でも花を見よう〜
¥ 1,575
コメント:東北の桜が見たいです。多分少々の放射能に負けずに植物は成長するのだと思います。花を見上げる余裕をぜひとも。

 4月になった。
あのキチガイ都知事が「花見など不謹慎」だとぬかしたものだから、是が非でも今年は花見に行きたい。全く余計なお世話だといきまきたい。
 地震疲れというか、自粛ムードに少し疲れてきた。一方で、被災地の避難所で温かいご飯を食べられている人がまだ3割という報道に、すんなり日常に戻っていくことの罪悪感を感じたりもする。

hanaminoonegai 私は元来上野公園の花見が嫌いだ。
あの、隙間のないブルーシートといい、趣味の悪い桜提灯、なんでわざわざ屋外で迷惑も顧みないでやんなきゃいけないのかわからないカラオケ、桜も見ないで騒ぐ酔っぱらい、どれをとっても日本の恥だと思い(?)いたく嫌悪してきた。
 が、今年の桜の(まだつぼみだけど)ひそやかで美しいこと。
駅前の桜並木で節電で例年の提灯から解かれた桜は、桜らしくて、ああ、桜なんだと思った。
別に、提灯も、カラオケも、イラねえだろうと健やかに思う。
 そもそも、花見にそんなに電気は必要か?
 酒と食い物と桜さえあればいいじゃないか。ほんとに電気も金もあまり使わない貴重な庶民の娯楽ではないか。それを戦争を持ち出し、享楽のすべてを天下の大罪のように断じ、
経済活動を封鎖しようという馬鹿知事の迎合主義的な態度に怖気を感じる。
 自粛、自粛って、経済が回ってるところが経済を回さないと、日本全部で共倒れしてどうする。花見のようなささやかで経済的な楽しみまで奪おうという戦前世代の時代錯誤はいい加減にしてほしい。

 「5時に夢中」で六本木のホストが震災被災地に出張炊き出しを行うというような記事が紹介されて、「酒は出しません」という自粛的な内容に中村うさぎが
「被災地の人だって、酒飲みてえだろう。ちっちゃい批判を気にして、ここにこいつらの人間が小さいのが見えるわっ」とか言ってましたけど、ほんとにそう思う。

 被災地にいるのは女子供と老人だけではない。そりゃ、一人に一升瓶とか、樽酒とか、こもかぶりとかはまずいと思うが、缶ビールの1本や2本が悪いとは私は思わないのさ。
 アル中になるとまずかろうが、被災地だって、少しくらい酒を飲みたい人がいると思う。避難所は小学校が多く、小学校には桜がある。
 明るい時間に、避難所の人が少し気持ちを切り替えるために、缶ビール一本ずつ配って、皆さん本当にお疲れ様、まだまだ大変だろうけど、がんばっていきましょうって、気持ちを新たにしてはいけないのだろうか。

 人生にはハレとケが必要で、ハレがあるから空疎な日常だって生きていけるものだ。
校庭の桜を見て、
生き延びました
生かされました
生きていきます
と確認することは、人生の励みになると思うのだけどどうだろう。
皆様、意地でも今年は花見をして、日本経済を盛り上げましょう。
被災地の方も花を見るのに道具はいりません。ふと目に留まる桜が大変ないろいろを一瞬でも忘れさせてくれますよう祈っています。

注)中村うさぎの話し言葉は、適当にそれっぽく書きました。録画消しちゃったものでうろおぼえ。
ホストクラブの志はすばらしい。たとえ、売名であろうと(笑)、やろうと思うのとやるのは違うから。
風俗や異端が社会貢献で社会に溶け込む努力をするというのは必要だと思います。

追記)
東京は再来週の10日の日曜は、知事選です。
ぜひ、皆さん、午前中にアンチ石原の投票を済ませてから、桜を楽しみましょう。
知事選についてはまた稿を改めて。
カテゴリ:social | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:25 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック