<< 第13回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭が開催!2004.07.15(木)〜19(月・祝) | main | ゲイ的参院選雑感〜11日は投票に行きましょう〜 >>
「海猿」は男同士の恋愛映画だ!
評価:
¥ 2,992
コメント:その後多数続編が出ましたが、この作品を上回るものは1本もなかった。ドラマはまだましだったけど。

 見に行くか、ビデオを待つか迷ってたんですけど、映画の日にふらっと「海猿」みてきました。町田、踊る大捜査線が嫌いでねー、そう言う意味では間違ってもみないフジテレビ系どたばた青春感動大スペクタクル映画、なはずだったんですが・・・。伊藤英明の裸の誘惑に負けました。

 で、感想:もう、全編裸!裸!裸!まったく不必要なところで無駄に入浴シーンやケツだしが散りばめられた実にゲイ的に天晴れな映画でございました。
 ぶっちゃけ申し上げて映画の内容としてはB級もB級よ。「踊る」もそうだし、テレビドラマは概してそうなんだけど、世界が200m四方くらいしかないんじゃないかと言うくらい狭い。その狭い中で、狭い人間関係が、狭いように結実して、狭いようにストーリーが進み、予想通りの大団円を迎えるという、陳腐極まりないんですけど、それでもただ一点、とにかく男たちの裸が美しい。それだけでもこの映画、大スクリーンで見る値打ちはあると思います。
 中でも伊藤、海東の胸から腹筋への美しいラインを30年、40年してもこの作品で見られる。そう言う意味で「愛のコリーダ」が我々にとって藤竜也のチンコを見るためだけに存在するように(笑)海猿も旬の伊藤英明を堪能するためだけにあるといって過言ではありません。

 そして、もう一点、「友情」とか「バディの信頼」と言う言葉で濁されていますが、これは間違いなく、男と男の恋愛物語です。

 この映画のヒロインは加藤あいなんですが(失礼ながら、彼女がヒロインだとどうしてもドコモのCMに見えちゃう)、実のところ伊藤と加藤の恋愛関係は、伊藤英明と伊藤淳史、伊藤英明と海東健の濃密な関係に比べるとチャンチャラやすく書かれています。この映画における加藤あいは、はっきり言って添え物です。いなくてもぜんぜん関係ない通行人です。
 ま、これだけ男の裸が出てくることから言っても歴然だけど、スタッフの好み、感動の力点は常に男にある。伊藤淳史が殉死するシーンも、ラスト海東健と海底40mに取り残されるシーンも、口づけこそしてませんが、きわめて濃密なラブシーンと言って間違いない。伊藤英明が淳史に頬を寄せるたび、海東にレギュレーターを咥えさせるたびに、私は淳史になりたい、海東になり変わりたいものだと切に念じたものでした。(;-;)分かち合えない死を悲しみ、酸素と言う暗喩で自分の命を相手に分け与える関係、これは運命の恋愛関係か生涯の仇敵かのどちらかじゃないとありえない。
 それに比べて加藤あいの成り行き的なバスでのキスの軽いことといったら。そこには生死をかけて、何事かを為すのは男の仕事なんだ、女に男の熱さなどわかるものかという、意識的か無意識的かは別にして作り手のマッチョなメッセージが含まれています。
 つまり海猿は非常にマッチョな、非常にゲイテイストの濃厚な映画なのです。

 公開1ヶ月にして3分の2しか入ってなかったことが実に気になりますけど、私の評価は「踊る大捜査線」よりはずっと楽しめます。伊藤君の裸に思わず★3つ。
 さあ、あなたも伊藤君の裸を大スクリーンで見に、今すぐ映画館に足を運びましょう。(さもないと8月までやってない気が・・・(^_^;)あ、でもビデオ出てからでもいいかも(笑))

海猿 プレミアムDVD-BOX
海猿 プレミアムDVD-BOX
海猿
海猿

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX
海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX


追加情報)
最近友達に教えてもらったのー。ドラマ伊藤英明脱衣情報。
1話:携帯に海猿のケツ出し宴会画像
3話:全裸、バスタオル巻いて股間キュッキュ
4話:全裸シャワー
5話:半ケツシャワー
8話:全裸シャワー泡つき
9話:英明&隆太の風呂
10話:バスタオルが落ちる
カテゴリ:art | 02:55 | comments(1) | trackbacks(1) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 02:55 | - | - | -
コメント
SEXY---------------------------------------―-----------------------------------------------------------ウン子










けつ
| | 2009/07/29 2:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
『海猿』 命をかける青春
『海猿』仙崎大輔(伊藤英明)は、潜水士になるため、海上保安大学校で潜水技術課程研修を受ける。バディに選ばれた工藤始(伊藤淳史)は、大輔の足を引っ張ってばかりだが、そのひたむきさから大輔は共感を覚え、友情を深めていく。ライバル三島(海東健)や仲間の猿た
| *モナミ* | 2004/11/04 6:03 PM |