<< 詩の向こうで、僕らはそっと手をつなぐ。萌詩アンソロジー | main | 菅原文太氏亡くなる〜命を削って日本をどうにかしようとした日本の守護神〜 >>
ビアンに朗報!村主章枝がバイ宣言〜アウトデラックス@1127〜
 また、選挙の話ですいません。
 週刊リテラシーを見てたら、「維新、橋下不出馬」の真相は、表向きは「大阪都構想のため」だが、その実、今回与党が大きく議席を減らすことを見込んで、与党に寝返るための作戦だそうだ。関西の反原発戦線の時も、勝手に騒いで勝手に寝返った男だもんな。全く信用のならない獅子身中の虫である。(゜_゜)まあ、私が投票することはないが、それでも危ない危ない、うっかりお勧めするところだった。小選挙区はともかく、比例への維新投票は騙されるのでやめましょう。

 まだ、公示もされてないが情報が錯そうしている。民主が候補者を目標通りに立てられないのは多分財政問題なのだろう。共産や幸福じゃあるまいし、負ける戦とわかって賽の河原の石積みに行く奇特な人物はそうたくさんはいないわな。ただ、逆に民主が数を討たないことで野党共闘も進みやすいという報道もあったので、せめて全選挙区で自共のほかに野党統一候補が立つことを期待したい。(ようやく安倍の不支持率が逆転したといういいニュースもあります)
 個人的な意見だが、選挙区調整して1人に絞った選挙区の候補は「野党共闘候補!」と大きなシールでも張ればいいと思うのだが、それは公選法に抵触するのだろうか?とりあえず動静を見守りたい。

 sugurihumie 27日の日テレ系『アウトデラックス』に牋退して将来が不安すぎる元オリンピック選手瓩箸靴村主章枝33歳が出演。
割とびっくりな「あたし、バイかもしれない」発言があったので紹介する。

番組前半では、トリノ五輪で4位に終わって後、メダルを取るまで現役を続行したいと30歳を越えて競技を続けるも、バンクーバー・ソチの代表に漏れ、ついに引退となった事情が語られた。
日本にいると誘惑が多いので、カナダで練習場と家との往復の生活を続けていたらしいが、報われなかったらしい。

村主:カナダで練習してたんですが、ここ2,3年は。今年の頭にオリンピックあったじゃないですか。やはり、自分もすごい賭けてて、もうカナダでは友達をつくるのをやめようと思って、カナダに行ったんですね。
ご飯に行ったりとか、誘われるじゃないですか。毎回断るのもすごく嫌ですし、とにかくスケートに集中してやんないとしょうがないからって、やってることっていったら、朝起きて、リンクに行って、練習ずっとして、ジム行って、家帰ってきて寝てみたいな生活しかしてないじゃないですか。
私、このまま続けたらほんとにそれこそ孤独死してもおかしくないじゃないですか。

 さらに話題は、マツコ曰く、村主ならストイックさのあまり、孤独死してもおかしくない、でも、ある時悲壮感がなくなった。なんでだろうと思ったら、鼻くそぼくろを3年ほど前に除去したのね、あんた。村主曰く、これを取ったら成績上がるかなと思ったけれども変わんなかった、などなど。
 引退後がそんなに悲惨かと言われて、ここから変な恋愛トークが始まる。
以下:マツ:マツコ、小間:小間千代(画像右)
村主:…今、あんまりジェンダー(性別)のことについて、そんなにこだわりがなくて、もともと…。なんで、みんなそんなに、型にはまるの、え?なんで、みんなそんなに男女でこだわるのかな〜とか。
マツ:え?今まで…経験は?…まだ、女性はない?
村主:経験はないです。ただ興味はあります。

矢部:女性に!?
村主:あまりにも男性の方に縁がないので、ま、一度はそっち行ってみたほうがいいのかなと、嫌だったら戻ってくればいいのかなと…
マツ:今まで気になった女性とかいる?
村主:セクシーとかよりなんか、かわいい系のほうが好きなんですね
マツ:(小間千代を見ながら)セクシーが一人いるだけなのよね
矢部:どう?かわいい?
村主:うん、かわいい!(マツ:(爆笑)あんたガン見してたわね)すごいかわいいなあって思って。
矢部:ちょっと小間千代ちゃん、こっちすわりいな。…いんじゃない?村主さん、いいと思うよ。
村主:いいなって思う人は、インド系のミックスっぽいインドの血とかがちょっと入ってる…
矢部:結構具体的にもってるやん!
マツ:ああ、じゃあ、ローラとかああいう顔!
村主:あー、そうですね。
矢部:お人形さんみたいな
村主:とか、あと、ロシア系も好きですね。
マツ:結構ほんとに美人系だよね、好きなの。
矢部:小間千代はあるの?そういう…
小間:ちょっとあたしもあの、女性の方に行こかなって思ったのあったんですよ。
マツ:マジで!なんなの?そんなに今、フリーなの!(@_@;)…女の子は結構感情でイケちゃうんだよね、そっちに。
その、男の人は、要は性欲じゃん。女の人ってベースが感情であるじゃん。感情で好きっていうところからそういう関係になれたりする人が結構多いんだよね、女の人って。
何、この番組!…ハートネットTV??

矢部:ちょっとわかるよて女の人多いんですよ。
村主:たまにすごく、男性が嫌になるときがあるんですよね。あの、ちょっと、なんか…う、無理!
矢部:野獣みたいな感じ?
村主:生理的に無理っ!てなる時期っていうか、なんかサイクルがあるんですよ。
そういう時、私、男性対象じゃなくて女性に行かなきゃいけないのかなって思うときがたまにあります。
矢部:ちょっとある?小間千代もそういうの?
小間:そういうのあって、ちょうどそのころに、嫌やなあ、男性嫌やなと思ってるその時に、女の子から告白されたんですよ。そんときに、ちょっといこかな?と思てしもた自分がいてて、でも、よくよく考えたら、あかんあかんあかんって、すごい抑えたんですけど。
矢部:これからも、きっかけで可能性があるかもて話やね。
二人あうやん!会わせてはいけない二人を会わせたかもしれない。
マツ:あと、なんかやっぱり、すごい小綺麗だから、こう男から見てもありがたい2ショットよね。いいんじゃない?
村主:いいですか? お赦しいただけますか?
マツ:あたしはいいですよ、あとはそっちの事務所と相談で
小間:あ、女性は大丈夫です(笑)
村主:事務所で、同性でダメだってところはあるんですか?
矢部:これはまあ難しい問題なんちゃうかな?
マツ:いうなって言われてる人はいると思う。
村主:そんなの今までないでしょうね…多分。

 そのあと、猫娘 柿沼さんが女子高トークに乱入して終了。

 村主さんに町田個人はたいして興味がないので、記事書くのにググったら、可哀想なことに悪評が出る出る。
村主章枝の後の、サジェストランキング1番目は「ホスト」だもんな。顔の濃い、それこそインド人俳優みたいなホストとの2ショット写真出てくるし、真偽はともかくストーカーっぽい悪評出てくるし、いろんな意味で下手くそな女だなあと思う。夜の街で遊ぶなら、それは色恋じゃなく経済活動だ。そこを弁えずに遊ぶから結局ろくでもない目に遭う。そりゃ男が「生理的に無理」になるのも当たり前。だって、男はあなたに恋してるんじゃないもん。あなたを値踏みして、金もらえば触っても我慢できるか、金もらえばペラペラ嘘がつけるか考えてるだけだもん。引っ張れなくなったり、面倒くさくなったらそりゃあちこち炎上するわな。(-。-)y-゜゜゜

kojirasejosi それだけに今回の村主の「ビアン許容発言」は腐女子の心理とたぶん同じなのね。
BLに傾倒する(或いはコスプレやメイド・男の娘あたりも含むか)腐女子と呼ばれる人たちの共通点は、生身の肉体の否定だ。映画化されたが私の好きなマンガ 東村アキコ『海月姫』に出てくる腐女子たちの一番の恐怖は他人の視線を我が身に受けることである。人から容貌を評価なんかされたら、防衛本能で石になって記憶飛びます…
 それは私もわかるんだよね。なんでって、「不細工なんだもん」
男だし、ゲイなので美醜はどうにでもテクニックモテ?でカバーできるが(右図参照)、テクニックモテにはテクニックモテの限界があるのさ。
 テクニックモテの魔法を解く一撃!「キモいんだよ」…(T_T)
 たぶん、村主さん、そういう目に遭ってるんでしょうね、間違いなく!(自分で書いてて寒すぎるわ…ちなみにホストクラブやキャバクラに入れあげてる人でこの魔法を解かない魔法の道具が一つだけあるとしたら数十億単位の金でしょうね。Oh!アニータ!!)

 だから、いわゆる腐女子と言う人たちも、オタクの人たちも、更に草食男子と呼ばれる人も、さらにこじらせ女子と言われる人もこの戦線から離脱した人たちを指していうのです。だから、なんてことはない、この村主女史のビアンかも宣言は、アタシ女でいることに疲れました宣言に過ぎないのでした。

 それでもねえ、一流のアスリートがこういうことを口に出してもいいほど、世の中ジェンダーに対するタガが緩んでるんだなあとは思います。
 私、今、ビアンの友達いないからさ、なんかうけビアン女子にモテる逞しい女と言うと、私の嫌いな女子レスリングのおめでたい栄誉賞女、吉田沙保里か?とか先入観で思ってしまうのだけど、今、ググったら第一位は中谷美紀でした。他に、竹内結子、菅野美穂、吉高に黒木メイサ、仲間由紀恵だそうで、こりゃ、村主さん出番ないんじゃない?とも思いますが、ビアンであれば、その立ち居振る舞いで選ばれる性から選ぶ性への転向も可能です。
 村主、小間千代カップルに幸あらんことをお祈りいたします。
カテゴリ:gay society | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 12:23 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック