<< ビアンに朗報!村主章枝がバイ宣言〜アウトデラックス@1127〜 | main | 読売は人民日報、NHKは中国人民電子台と同じ。信じるべからず。 >>
菅原文太氏亡くなる〜命を削って日本をどうにかしようとした日本の守護神〜
評価:
長谷川和彦,レナード・シュレイダー
¥ 1,873
コメント:沢田研二最盛期の作品として記憶されていますが、原爆を作って国家を脅す理科教師沢田研二を追い詰めるのが菅原文太という、実に菅原文太の実人生に重なる映画だと思います。

 菅原文太氏が亡くなった。先月の高倉健氏の訃報もきつかったが、私にとってこんな痛ましい訃報は本当に聞きたくなかった。
ご冥福をお祈りしたい。

sugawarabunta02 でも、たぶん彼は冥福も成仏もできないような気持ちで逝ったのではないか。最後の最後までこの国の今進んでいる方向に、ダメ出しをし続けて、そのまま戦死したように見受けられる。
  健さんと違って、『トラック野郎』と『仁義なき戦い』で一世を風靡して後、映画界から事実上引退して(2009年に山梨県で農業を営み半分引退したと周囲には宣言していた)田舎に引っ込んでいた頑固者のおじいさんのような人だったはずだ。多分、若い世代で菅原文太と言えば『千と千尋の神隠し』の釜じいの声くらいしか知らない人も多い。その彼が震災を境に、ここ数年、精力的に社会活動していたのを見聞きした人も多いだろう。

 私はもともと、日本はカネカネカネでくだらねえ国だなあ、でも、円も高いしありがたいこっちゃくらいに思っていたのが、ことさら政治的な文言をブログに書き連ねるようになったのは、やはり2011年の震災と原発事故のあとからだ。震災以降の政治のあらゆるおかしな反応の仕方に、この国は国ざらいで贈賄されている三流国家だったんだということが本当にわかってしまった。

 菅原文太も、当時山田洋治の『東京家族』を、今は映画を撮っている場合じゃない!と降板して、被災地支援に取り組んだ。2009年に膀胱がんを患い、震災直前まで入院していた、などという話を聞くと、2月の東京都知事選で細川陣営の応援弁士として厳冬の街頭に立ったというのも、どれだけの身体の負担をおしてやり続けたか、今思い返してもその男気に涙が出る。つい10月下旬までラジオや演説などで声を張り上げていたというのに…

 そんな菅原さんが、この国の行く末をどれだけ憂いていたか、その道筋をつけずにおサラバすることの、無念さを思うと本当に切ない。
 
sugawarabunta01 最後に夫人による報告は以下の通り。

「7年前に膀胱がんを発症して以来、以前の人生とは違う学びの時間を持ち『朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり』の心境で日々を過ごしてきたと察しております。

  『落花は枝に還らず』と申しますが、小さな種を蒔いて去りました。1つは、先進諸国に比べて格段に生産量の少ない無農薬有機農業を広めること。もう1粒の 種は、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げることでした。すでに祖霊の1人となった今も、生者ととも にあって、これらを願い続けているだろうと思います。

 恩義ある方々に、何も別れも告げずに旅立ちましたことを、ここにお詫び申し上げます」。

菅原文太WIKI
文太さん追悼ラジオ放送決定 最後の収録後「大きく手を上げ…」
ニッポン放送で12月7日と14日(選挙当日)の早朝5時半に『菅原文太 日本人の底力』の追悼番組が行われます。
早朝すぎますが、東京のオカマはアゲハ帰りのメトロででも聞いて、選挙に行きましょう。
菅原文太は“脱原発一本化の龍馬”になれるか
*私はこの一件で都知事選候補の一本化を拒否した共産党を見限りました。自民も公明もそうですが、自国の未来より自党のことしか頭のない政党に用はないです。オナニー政党ども。
ミヤネ屋…菅原文太氏の訃報を改竄報道して炎上中(#宮根菅原改竄=#日テレ #改竄 #ワイドショー)
表題に詳しくありませんが、まとめサイトで動画もリンクされています。

 
「仁義なき 脱原発?」 凶暴なアウトローは実は超リベラルだった… ドスを効かせて「平和」説く
 東京都知事選で細川護煕候補の応援演説をする菅原文太さん(2014年1月31日 産経)
また、この衆院選では、福岡1区で出馬し、落選した民主党の松本龍氏の個人演説会で応援演説。「憲法を変えるとか、国防軍を作るなんて言っている敵の自民党に投票したらダメだよ。松本龍を男にしなきゃいかん」とドスを効かせて「平和」を訴えた。
今年2月の都知事選でも、「脱原発」を掲げた元首相の細川護煕氏を支持し、浅草や銀座などで街頭演説に立った。「敵の陣営は『仁義なき戦い』だが、あれは俺の専売特許だ。われわれは『仁義ある戦い』をしている」などと「文太節」を披露し、脱原発派の喝采を浴びた。
カテゴリ:ikemenselect | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:53 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://machidatimes.jugem.jp/trackback/760
トラックバック