<< 超大物芸能人がAV男優デビュー!!ふたを開けてみれば…orz | main | 私が金正恩だったら >>
純烈様、どうか今年のレインボウプライドに来てくださいませ~時代はEXILEより純烈~
純烈
¥ 2,109
コメント:意外にリーズナブルなので買おうかしら、まじで。

(youtobeを再生しながらこの記事をお読みください。)

 ああ、頭からメロディが離れない。グループ名を知ってたった1ヶ月。(ネタ元はしかも毎日新聞)ほとんどyoutube動画しか見ていないのに、だんだん私の中に占める割合が高くなり、ついには皆さまにお奨めしたい病が発症。昨日ひま記事書いたばっかりだけど連投するわ!

 さて皆様、純烈をご存知でしょうか。

特集ワイド
毎日新聞2017年3月17日 東京夕刊
 「戦闘」から「銭湯」へ−−? テレビの戦隊ヒーロー出身の俳優たちを中心に結成されたムード歌謡グループ「純烈(じゅんれつ)」の歌と踊りが、健康ランドやスーパー銭湯で人気沸騰。風呂上がりの熟女たちのハートをわしづかみにしているらしい。「スーパー銭湯アイドル」たちの人気の秘密を探りに行った。【小国綾子】

 まず、楽曲がいい。

 冒頭にあげた『今夜はドラマチック』は間奏の管楽器のリフレインと言い、それに合わせる80年代のマハラジャかよ(←よく知らんが)と思わせる振付と言い、思わず体が動いてしまう名曲である。

 メンバーは酒井一圭、白川裕二郎 小田井涼平 林田達也(2016年末で卒業)友井雄亮 後上翔太の6人。

ちらちら聞いた名前があるなあと思ったら、後上君を除く5名はいずれも仮面ライダーなどの戦隊ヒーロー出身。リードヴォーカルの白川裕二郎がアイドル俳優目指してた頃のDVD、うち、なぜか入手して、最後捨て値で売りましたorz。今だとプレミアついてるかも。

 白川君は力士出身のワイルド系だったと思いますが、いまやその面影はなく、中村倫也とミッツマングローブを足した美白女王のようになってますけど、それでも話すと往時のイケメンの面影が!毎日新聞の記事によると純烈の魅力は、優しさと「落差」。イケメンなのにコミカル、カッコいいのに苦労人、そしてジジイババアに優しい。(健康ランドで一緒に温泉に入ってくれると言う情報がどっかにあった気がするのですが真偽確認できず)イケメンに優しくされると、アガったババアでも温泉が湧き出るんだってばさ!

 リアル純烈を拝見したことは一度もないんですけどね、マーケティング的にここまで巧みな「リノベーション」グループはそうそうない。最近、マツコデラックスの『夜の巷を徘徊する』を見ていて強く思ったのだけれど、マツコは多分毒蝮三太夫的なポジションに、意識はしてないだろうけど収まっているのだ。そうじゃないと、あのおばさんと婆さんの人気の説明がつかない。だってあれ男よw

 ああ、やっぱ、みんな愛情を持って「くそばばあ」と呼ばれたいんだなあと思った。

純烈にも同じ匂いを感じる。イケメンで毒舌。でも優しい。ツンデレ営業にも見えるが、その塩梅が忙しくて当たり前で美しさと金以外を相手にしない世間でつまはじきにされた婆あどもの心をがっちりつかむのだろう。おばあちゃん、それは年金おれおれ詐欺よ!と言いたい気も少しするけど、夢を見て召されるなら本望じゃないか。

 さて、私はやっぱり純烈に言いたい。高齢者マーケットで忙しいのは分かるけれど、君たちが次に軽く狙ってずっぽりハマるのは間違いなくゲイマーケットだ!あたしたちも、小金持ってるわよー!という意地汚い誘導はなしとしても、純烈のムード歌謡はたぶん今後2丁目のクラブを席巻するのじゃないだろうかと私は思うのさ。

 だってさ、少子高齢化で2丁目に来る客だってどんどん年寄りばっかりになってくるのよ。そんななか、オネハとか歌謡曲とかが大好きな昭和のオカマがあなたたちをほっておくものですか。

 ということで、開催を半月後に控えたレインボウプライドは無理だとしても、いつかアゲハかどっかで華々しくステージに上がっていただきたいなあと思います。まあ、agehaに大量の80代のおばあちゃんが来たらどうしましょ、とは思うけれど、オカマ達のハートを直撃すること間違いなし!

 トランプの大統領選勝利と本屋大賞を的中させた私wの予想によると、年末までに大ブレイクし、紅白に出場、今夜はドラマチックの振りは2017年の「恋ダンス」的ブレイクを果たすはずです。 

 さあ、あなたも今日から純烈マニアだ!

 

純烈オフィシャル:http://junretsu-official.com/index.php

純烈/ひとりじゃないから キサスキサス東京 Live.ver (youtube)

https://www.youtube.com/watch?v=M5fIUTNrwjk

 

追記)
仮に純烈がゲイナイトに来たとして、股間を揉まれることは間違いないのですけどw(無謀にもゲイマーケットに先に手を出した東京リキシャはアゲハに来て、あんまり相手にされないでたまにセクハラ受けたりしてました。オカマは優しいいい男には漬け込むものだけど、いい男判定にも厳しいのよ)、まずはマツコの知らない純烈の世界、あるいはマツコの知らないムード歌謡の世界をぜひTBSさん企画してほしい。真面目に考えれば年内に必ずこの組み合わせ実現すると思います。
 知ったばっかりなのにどんどん彼らがビッグになっていくわー(゜_゜)
特集ワイド
戦隊ヒーローから「スーパー銭湯アイドル」に変身! ムード歌謡グループ「純烈」
熟女を熱狂させる「秘密」
 「戦闘」から「銭湯」へ−−? テレビの戦隊ヒーロー出身の俳優たちを中心に結成されたムード歌謡グループ「純烈(じゅんれつ)」の歌と踊りが、健康ランドやスーパー銭湯で人気沸騰。風呂上がりの熟女たちのハートをわしづかみにしているらしい。「スーパー銭湯アイドル」たちの人気の秘密を探りに行った。【小国綾子】
「気分は10代の乙女ですもーん」 「おい、ババア」といじられたい
 「毎日新聞の記者です」。名刺を出したとたん、「キャー! とうとう新聞が純烈を? ありがとー」と女性ファンたちから拍手が起きた。四半世紀の記者人生、名刺1枚でここまで歓待されたのは初めてだ。思わずひるむ。なんだこれ?
 ここは埼玉県の草加健康センター。「純烈」の昼の部公演を間近にし、大広間は約370人の客で大入り満員。良い席を取るため、何日も前から同センターに泊まり込んだファンもいる。客の半分くらいは風呂上がりだから、室温も湿度も上がる一方。昭和風に言うなら「熱気でムンムン」である。
客席に降りて歌いながらファンと交流する「純烈」のメンバー=埼玉県草加市で2017年2月26日、猪飼健史撮影
 「純烈」は平均身長183センチのイケメンぞろい。30〜46歳のメンバー5人中4人が「特撮ヒーロー」の出身だ。リーダーの酒井一圭さん(41)が足の大けがで挫折し、転身を模索したのを機に2007年に結成。歌のトレーニングを受け、3年後、めでたくデビューした。ムード歌謡とファンも一緒に踊れるダンスが特徴で、夢はズバリ、「NHK紅白出場」と「親孝行」という。
秘密その<1> 距離の近さ
 「純烈の魅力とは?」と広間のファンに片っ端から聞いてみた。誰もが口にするのは「距離の近さ」だ。「会いに行ける」「握手できる」「数度通えば顔を覚え、気さくに話しかけてくれる」。イベントで知り合った40、50、60、70代の女性たちが同じテーブルを仲良く囲んでいる。「お互いの年の差なんて感じない。だって全員、気分は10代の乙女ですもーん」
 いきなり目の前に腕が伸びてきた。手には煎餅が2枚。「記者さんも食べて」。見れば、面倒見の良さそうな女性ファン(72)が周囲に煎餅を配っている。誰もが「近さ」を純烈の魅力に挙げるけど、ファン同士の距離もとても近い。
 「キャー」と黄色い声がして、いよいよ純烈の5人の登場だ。真っ赤な上下に黒いシャツ。赤いジャケットにはスパンコールがキラキラしている。
 歌が始まった途端、ファンたちはひょう変。座ったまま腕をひらひらさせ、上半身だけで踊り始めたのだ。手拍子もピタリ。なんだ、この一体感……。
 ♪愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛でしばりたい
 14日発売の新曲「愛でしばりたい」で、ファンの熱気は最高潮。50回を超える「愛」の連呼が、「草食化」の平成ムードをぶっ飛ばす。
 純烈の面々は客席に降り、全員と握手して回り始めた。待ってましたとばかりに、ファンはハンカチやタオルを握りしめた手を突き上げる。メンバーはハンカチで額の汗を拭いては、ファンに返している。これを大事になでたり保存袋にしまったりするファンたち。洗濯せず、冷凍保存する人もいるんだって。
 東京都新宿区の上條節子さん(69)は純烈のCDを何百枚と買い、タクシーに乗るたび運転手に配って宣伝している。なぜそこまで? 「純烈の夢を私も応援したいの。私ももうすぐ70歳。紅白に早く出てもらわないと、間に合わないわ」
秘密その<2> 「落差」の妙
 私が「純烈」を知ったのはデビュー当時の6年前。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部長で、日本の薬物依存治療や自殺予防の第一人者でもある精神科医、松本俊彦さんが教えてくれた。歌も踊りも素人臭い。しかも「やり過ぎ」感が妙にコミカル。松本さんは「戦隊ヒーローからムード歌謡への転身。崖っぷちの一生懸命さに元気が湧いてくる」と言っていたっけ。
 あらためて、魅力の秘密を松本さんに聞いてみた。「ミスマッチの妙ではないでしょうか。『目標は紅白出場と親孝行』という古風さと、長身のイケメンという容姿。元戦隊アイドルという経歴と昭和のムード歌謡。年齢的には完全なオッサンなのに、学生サークル風のコミカルな振り付けのダンス。それらの落差が実にいいんです」
秘密その<3> 苦労人感
 実際、男性ファンも少なくない。この日も、好きが高じて純烈と同じ衣装の仮装でやってきた青年(21)を見つけた。その隣では渋いスーツ姿でキメて、音楽に陶酔し、体を揺らしている男性も。埼玉県朝霞市の小松崎孝男さん(74)だ。
 「純烈は、今どき珍しい苦労人。挫折経験が歌ににじむのがいいね。昨年から売れ始めたがえらそうにしない。昔の北島三郎さんと同じだ」。北島さんが日本レコード大賞最優秀新人賞を取るまで彼を追いかけた青春を振り返りつつ、しみじみと語る。
 純烈のライブを見たことのあるコラムニスト、辛酸なめ子さんもやはり、人気の秘密を「苦労人感」と言い表す。「昔、戦隊ヒーローだったメンバーがそれぞれに挫折を経験し、起死回生を目指してムード歌謡を歌う、という物語性が、人間的に深みを増した“苦労人”のイメージを生み、ファンにロマンを与えている」というのである。
 人生は並木道。純烈を「紅白」に出場させ、親孝行もさせてやりたい−−彼らを応援する人々の「物語」もまた、どこか昭和風なのだ。
ファンになるほど健康になれる!
 デビュー以来、ヒットに恵まれなかった「純烈」の人気のきっかけは約5年前、スーパー銭湯から歌謡ショーの依頼があったこと。ライブ前には湯船で裸の付き合い。大広間では客と気さくな会話。距離の近さと面白さが口コミで評判を呼び、全国のスーパー銭湯から声がかかるように。今や年間約100件のライブは満員御礼だ。
 昨年は7枚目のシングル「幸福あそび/愛をありがとう」がオリコンの演歌・歌謡曲部門の週間チャートで初登場1位、新曲「愛でしばりたい」も総合デイリーチャート(13日付)で1位を獲得。テレビのワイドショーは彼らを「スーパー銭湯アイドル」と呼ぶ。かくして元戦隊ヒーローたちは見事、熟女たちの「アイドル」へと“変身”を遂げたのだった。
秘密その<4> 毒舌と優しさ
 「純烈」は特にお年を重ねた人たちに優しい。「ぼけ防止の体操よねー」と語りながら踊る女性(80)のなんてチャーミングなこと! 高齢でも無理なく踊れる振り付けも、ファンを引き付ける“武器”らしい。
 別の女性ファン(62)は「上手な歌が聴きたいだけだったら、氷川きよしさんでいい。私たち世代は歌が上手な人より、楽しませ、幸せな気持ちにしてくれる人がいいの。純烈はトークが最高。『おい、ババア』とかいじってくれるから」。
 「純烈」の持ち味は毒舌トーク。リーダーの酒井さんは客席に開口一番「ようこそ、ひまな人たち!」。特に最年長の小田井涼平さん(46)の毒舌トークは大人気。女性ファンたちは、彼に「おい、ババア」と言ってもらいたくて仕方ないように見える。
 イケメンなのに、中身は綾小路きみまろさん。40代アイドルゆえに許される毒舌。72歳の夫婦が教えてくれた。「こんな年寄りでも、彼らは分け隔てなく、若いファン以上に大事にしてくれるんです」
 酒井さん自身、「65歳以上の方をちゃんと楽しませたい」と言い切る。一番つらいのは、紅白出場を楽しみにしてくれていたファンの訃報を聞く時だ。「高齢のファンの方々は『こんなしわくちゃなおばあちゃんでごめんね』なんて言う。みんなチャーミングなのに。世間はどれだけお年寄りに冷たいんですか。僕らはカリスマ性もないし歌も下手。でも、高齢のファンの皆さんが最期に人生を振り返った時、楽しかった思い出の五本指に入るようなライブを贈りたいんです」
 見渡せば広間のファンは誰もが幸せそう。純烈を追いかけ、広いお風呂でリラックス、一緒に歌って踊って、ファン仲間との一体感を楽しんで、しかも大好きなアイドルにいじられて、幸せ満点。それに人間、応援されるより、誰かを一生懸命応援している時のほうが、何倍も元気になれるってものなのだ。
 辛酸さんの言葉がふと脳裏によみがえった。「ファンになればなるほど健康になれる新手のアイドルかも」
 かつて子どもたちに勇気を与えた戦隊ヒーローたちは今、超高齢化のこの国で「アイドル」としてオトナたちを幸せにしているのだった。
カテゴリ:ikemenselect | 20:01 | comments(3) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 20:01 | - | - | -
コメント
いつも拝読しています。

いやー、なんていい話!記者さんに教えてくれたのが「国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部長」って肩書なのが、またギャップがあっていい!肩書って好きではないのですが、このグループの意外性をアピールするためならいいかもです。

そういやモー娘がデビューした時、戦中派の母親が中澤さんのことを「苦労人だ」「頑張っている」と妙に応援していて(実は母親、若い頃に情報があったらビアンだと気付いたとか?)、「高齢化社会に向けた新しい戦略か…」と感心していたのですが(その後違う方向に向かいましたけど…)、本当にご高齢の方にも優しいアイドルが現れましたね!
| とくはら | 2017/04/16 1:43 PM |
コメントありがとうございました。
 だんだん、ヒトは年取ってメインストリームから外れると、やっぱ僻むのね。えーい、あいつもこいつも俺のことをバカにしやがって、と。
 それでオールドミスは結婚詐欺に、年寄りはリフォーム営業の口車に引っかかるのでしょうけど、そう思うと韓流スターより敷居が低くて良心的ですよね。(でも、スマステで見たら杉良太郎バリに皆さんがおひねりを振舞うので凄いなーと思ってみてた)

 メンバー5人もいるから1人くらいゲイだろうし(断定w)、彼らが代々木公園でステージをして、おばちゃんが大挙レインボウプライドに押し寄せたら、純烈と同じく割と年寄りに優しいLGBTとの融和に結びつくんじゃないでしょうかw
 映画「パレードへようこそ」でもLGBTと炭鉱夫の融和のきっかけは音楽だったんですもの。

| machida_syuji(管理人) | 2017/04/16 2:03 PM |
 フジテレビバイキング 純烈特集、録画して見ましたが、うーん、あのマダム達の熱気をかきわけて男が行くのはハードル高いわー。
 で、おさわりありのライブとファンサービスは、実のところ、ゲイがクラブで下っ端ゴーゴー(すいませんm(_ _)m)相手にしていることと大して変わりません。
 犯罪にならない程度のおさわりを楽しんでるとおばさまは言ってましたが、あたしらは犯罪になってもおかしくないおさわりをするからなあ(ー_ーゞ
 でも、まじでアゲハのステージに上がってほしいですね。すっごい盛り上がると思う
 でも、おばあさまが裸のゴーゴー見て心臓発作起こしては困るから、やらないかなー(゜-゜)
| machida_syuji(管理人) | 2017/04/19 7:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://machidatimes.jugem.jp/trackback/909
トラックバック