<< レインボウプライド楽しかった。(&木村了子も出品@今様展・松濤) | main | 好きな男の細胞保存の勧め~IPSで1人の皮膚から精子も卵子も作製可能に~ >>
一ノ瀬文香が「同性離婚」出演@ワイドなショー
一ノ瀬 文香
¥ 1,404
コメント:このカップルだけではなく最近はマンガエッセイや随筆などいろいろな方が出してますね。実質もうドラマではなくなったので、いまだ本が出続けてることの方が不思議。

 金曜のjamtheworldに小林よしのりが出演。共謀罪の恐ろしさについて熱く語っています。

さすがよしりん、放送間もないですがyoutubeにも上がっていましたので作業の合間にでもお聞きください。

小林よしのり×青木 理「“共謀罪の危険なところは、もの言う市民が委縮し、民主主義が健全に成り立たなくことだ“『共謀罪法案』」2017.05.12

まさか小林よしのりをリベラルの代表みたいに扱う時代が来るとは思わなかった。実際、小林氏の弁論は真っ当で論理的で安倍や金田よりもよっぽどわかりやすい。同日の放送で渡部昭男氏を迎えて「教育無償化に憲法改正は必要か」という問題も論じています。こちらも面白いので、全編聴きたい方はRADIKOでどうぞ。

 

 ぱっと書けるネタが少ないのですが(『夫のチンポが入らない』は読了。面白かったですがブログネタにするのもねえ(゜-゜))

 また10日(水)のモーニングクロスで、昨年一橋大学の法学部生がゲイをアウティングされたことが民事訴訟になっていることについて弁護士の三輪記子さんが取り上げてましたので書きかけましたが、LGBT関連で別の話題が飛び込んできたのでご紹介。一橋大生の件はまたyoutubeにアップされたらお知らせします。記事化するかは考え中。

同性“離婚”一ノ瀬文香、理由は「結婚で甘え」…杉森茜との「復縁絶対ない」 

2017年5月13日6時0分  スポーツ報知
 LGBT(性的少数者)カップルで、14年12月に「同性婚」を発表したタレントの一ノ瀬文香(あやか、36)とダンサーの杉森茜(30)が12日、それぞれのブログで“離婚”を発表した。 
 堀潤さんも出演してる「ワイドなショー」にご本人が登場。2014年に婚姻届を都内の区役所に提出するも不受理となりながらも結婚生活を送っていたとのこと。離婚のきっかけは一ノ瀬が書いた自叙伝「ビアン婚〜私が女性と結婚式を挙げるまで〜」出版の際の不和によるものらしい。悪意的に言えば「炎上商法」「話題作り商法」にも見えるけれど、何はともあれLGBTの多くが表舞台に出ることを嫌う中、出ていただいているのだからお疲れ様でした、と言いたい。
 冒頭その経緯について一ノ瀬は、松本人志に婚姻届が受理されると思って出したのかと問われ、
「正直どうだろうかと思っていたが憲法14条で性別で差別してはいけないと書かれているので受理されないのはどうかと思って出したが結果として不受理になった。…渋谷区などのパートナーシップ証明書は法的拘束力がなく、今まで出来なかったことで出来るようになったことはない!パートナーシップ条例には(堀注:最初は病院で親族しか入れないところにパートナーが入れるとか、生命保険の受け取り人になれたり、いろいろな理想があったけど)今のところ法的拘束力がないので勧告止まりでほとんど役に立たない。」(要旨、以下「」も同じく)と述べた。

 ちなみにパートナーシップ証明書を発行しているのは放送日現在、渋谷、世田谷、宝塚、伊賀、那覇、札幌の6地方自治体。

 これに対して、えりにもえって、その日のゲストが耄碌婆さん デヴィ・スカルノ

私は同性結婚に絶対反対!私は結婚というのは自然の摂理に反する、お花におしべとめしべがあるように、動物にオスとメスがあるように、人間にも男と女がいて、結婚というのは子孫を残すことですからね、それに反しますよね。カトリック教徒の教えですからね。」これに一ノ瀬が泣きそうな顔で「あたしはそうは思いません!」と反論。ピリッとした。

 

 かなり不愉快なやり取りになりかけたが、堀さんが間に入っていろいろ解説。

「カトリックに関してもローマ法王が謝罪したり、結婚の形はフランスのようにいろいろな家族の選択肢があっていいと思う。よく言われる反対する人の意見には同性婚認めると子供の数が減るだろうとか、いう意見もあるがそれは極論で、男女間で生まれた子供でも行き場がなくて施設に預けられるとか、里親がいなくて困ってる子たちがいるので、安定した家庭があるなら同性の家でも家族としていいのでは?お父さんが男でも女でも子供が安心してご飯が食べられる、勉強できる、夜寝られる環境を与えるのが大事で、そういうコミュニケーションがあればいいなと思います」

 

 それに対して、またデヴィがいう。

「インドネシアでもNYでも、あたし同性愛の男の人で、カップルたくさん知ってます。あたしの知ってる人たちはみなさんすごい裕福で養子をたくさん迎えてます。ちゃんと学校卒業させて仕事も与えて跡継ぎも選んだりしていますよ。でも結婚という制度については絶対反対、だってそんなことしたら自然の摂理、滅茶苦茶になります。(一ノ瀬:結婚は子どもをもうけるためじゃないですよね)いえ、子孫を残すためです!」

 

 堀さんが言ってることも、デヴィの言ってることもひっかかりまくりなのね。

 あたし、こども好きだけど、こどものためなんか結婚したくありません!それに子どもが欲しいから同性婚やパートナーシップを目指してる人はむしろ少数派だと思うけどどうだろう。それに、デヴィが例として挙げた欧米の金持ちが子供を養子にしてると言う話は、文字通りなら児童への性的虐待です。どうしても財産上の問題でパートナーと養子縁組する例は日本でもありますが、年齢差がほぼない場合の養子縁組はやはり不自然です。(念のために調べたが同い年でも養子縁組できるそうです。友人で同性婚と養子縁組を比べて、財産分与が婚姻の方がいいので養子縁組を保留にしてる男がいます。共有財産の名義問題が大変だそうな。)

 だったら、いっそこの世から「結婚」という言葉をなくせばいい。結婚という制度も、養子縁組という制度も実はどちらも「恋愛」とは関係がない。財産譲渡のための契約関係なのだ。「財産共同体契約関係」として同性異性同種異種関係なく、株式会社の提携や資本交換、人的交流のようなシステムにしてしまえばいいのだ。この際、複数人とそういう関係を結ぶこともありにして。

 

 さらに、もう何度も書いてるので詳しくは書かないが、デヴィの言う通りなら子供がいない夫婦から、結婚特典を直ちに取り上げろ!と思う。国家によって出産を推奨・強要され、その関係を定義づけられるのも不愉快な話である。子供、つまりは人口政策のために婚姻関係があると言うなら、子供が生まれた時点で初めて社会的な便宜が受けられる制度に改編するべきである。配偶者控除なんてもってのほか!

 そのほうがLGBTにとって、公平な社会であるし、子どもにとっても疎まれない望ましい社会であるし、そして、それはまさしくフランス式のパートナーシステムなのだ。

 

 入れ歯ふがふが言わせながら(?)アラン・ドロンとの恋愛をテレビでほのめかす耄碌痴呆婆あ(つまり思い出を脚色してメディアに売って小銭を稼いでいる)のいう事など耳を貸すことはないし、番組としても堀潤さんのフォローがあるから成立しているが、こういうくそ婆あの発言を聞くに、ほんと結婚って、まったく意味のないものだよなと改めて考えてしまうのである。

 世間が「LGBTブーム」に浮かされれば浮かされるほど、私は同性婚なんてますますしたくなくなっているのだ。

 

追記)

もちろん男はいつだって欲しいw

あと、若い世代が長い目で付き合えるパートナー選びをできる可能性があるのは良いことかと思います。

 

追記2)

私は叶姉妹は「芸人」として好きですけど、デヴィは嫌いです。デヴィは言ってみれば、スカルノに人身御供として売り飛ばされた娼婦みたいなものだから、男社会の文法を否定する風潮に我慢がならないのだと思います。

 以前(たぶん今も)出川と「行ってQ」に出てるの見て、ここまで金がないんだ…哀れ、と思ってました。タモガミの応援をしたり、基本右翼言論に事欠かないおばあさんですが、「デヴィ夫人は感性の櫻井よしこ」と申し上げておきましょう。あ、本家は知性じゃなくて「痴性の櫻井よしこ」ね!

カテゴリ:gay society | 11:24 | comments(4) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 11:24 | - | - | -
コメント
デヴィ婆さんって、あっちこっちのもめごとに、
関係もないのに首を突っ込んで批判をしてますよね。
言ってしまえば「言論の火事場泥棒」でしかないと思いますよ。
神戸の地震直後に、トラックで乗り付けてソーセージ1万円で売り抜けてトンズラこいたようなアレみたいに。
軍人気取りのくせに仮病で逃げ切った石原慎太郎同様一種の老害です。
| 半蔵門和己@劇団半端者。 | 2017/05/15 12:36 AM |
どもです。
 まあ、芸能界というのが基本的に意地汚い所でワイドショーでもなんでも取り上げてもらわねば商売にならない、だから一ノ瀬文香氏も自分のプライベートを特殊な形で売りに出したと思っているのですけど、お年寄りがそういう意地汚い営業でしか食いつなげないと言うのは「貧困老人」ってのは本当だなとデヴィを見て思います。売り食いですよ。

 武田砂鉄の『芸能人寛容論』を読書中ですが、島崎和歌子論で島崎が先輩に言われた言葉として、「よく見ていなさい。本当に売れている人は話題になったりしない。話題になる人は話題が亡くなったら消えていく人。話題にはならないけど、コンスタントにテレビに出てる人こそが芸能界の第一線で活躍している人、本物なんだよ」というのが紹介されてますが、デヴィの立ち位置は、そうやって消えていく落ちていく人を腐して唾を吐いて瀕死の体を食らう餓鬼のようなものだなと思いました。
 まあ、食われちゃう一ノ瀬文香も痛々しいけど。
 
| machida_syuji(管理人) | 2017/05/15 12:53 AM |
返信ありがとうございます。
「貧困老人」と島崎和歌子論(コンスタントに…)で、胸にすとんと落ちました。
外国でも、同性のための制度で第1号申請したカップルは1年もたなかった記憶があります。
日本の役所の中には、きっとこの事例を知ってて同様の制度導入をためらってる人がいるかと思いますよ。
優先順位が違うだろこの税金泥棒!って言われるのが一番嫌な人たちですし。
| 半蔵門和己@劇団半端者。 | 2017/05/15 1:06 AM |
武田砂鉄さん 売れてますけど面白いです。
彼の論をそのまま受け売りすると、かなり歪んだ(?)人間と思われそうだけど、権力と音楽の関係でEXILEやファンモンを分析していたり、水原希子を巨大仏だと比喩したり、胸にすとんと落ちる名編に事欠きません。ぜひどうぞ。

 なんとなく昨今、外国人や在日、沖縄と並んで、「ホモ、オカマ、レズ」もヘイトの対象になっているように思います。それを意外にヤンキーと親和性の高いマツコデラックスやナジャ・グランディーバがサラッと、無力化しているような気もしています。
 風が変わらないとは限らないので用心しましょう。
| machida_syuji(管理人) | 2017/05/15 9:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://machidatimes.jugem.jp/trackback/913
トラックバック